« 『装幀列伝―本を設計する仕事人たち』 | トップページ | 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 »

2004/10/02

『マリア・カラス 聖なる怪物』

マリア・カラス聖なる怪物
ステリオス・ガラトプーロス〔著〕・高橋早苗訳
白水社 4,800円(税別) ISBN4-560-02657-2 04.10刊

+内容+
第1部 少女時代
第2部 プリマドンナ
第3部 歌の女神
第4部 プリマドンナ・アッソルータ
第5部 芸術を越えた生活
第6部 フィナーレ

原題『MARIA CALLAS Sacred Monster』
オペラ評論家によるマリア・カラスの評伝。
数百枚におよぶ写真とキャプション、詳細な公演記録付き。

+関連・リンク+
白水社
Divina:The Official Maria Callas Web Site

その昔、予備知識も無くパゾリーニ監督の映画『王女メディア』を観た時に、
おっそろしいオバサンだな…と思ってたのがマリア・カラスでした(汗)
後に、素晴らしいディーヴァだと知りましたが。
映画といえば、
昨年観たゼフィレッリ監督の『永遠のマリア・カラス』(ファニー・アルダン主演)は
フィクションながら、カラスの存在感がとても印象的。
という訳で(?)カラスをイメージして一句…歌姫の澄み渡る声夏の宵(季節外れ!)
読みたい度70%

|

« 『装幀列伝―本を設計する仕事人たち』 | トップページ | 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/1569894

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリア・カラス 聖なる怪物』:

« 『装幀列伝―本を設計する仕事人たち』 | トップページ | 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 »