« 『ザ・ハウス・オブ・グッチ』 | トップページ | 『ホラー・ムービー究極大鑑』 »

2004/10/08

『安倍晴明―陰陽の達者なり』

安倍晴明(ミネルヴァ日本評伝選)
斎藤英喜著
ミネルヴァ書房 2,400円(税別) ISBN4-623-04255-3 04.10刊

+内容+
安倍晴明の“現場”へ
鬼を追う晴明
「陰陽師・安倍晴明」の登場まで
天徳四年内裏焼亡す
岡野玲子『陰陽師』の作品世界
『占事略決』という書物
すそのはらへしたる
民間「陰陽師」の系譜といざなぎ流
「道の傑出者」
冥府の王・泰山府君
天界と冥界の奥処へ
その後の〈安倍晴明〉

平安時代の諸記録から陰陽道祭祀や儀礼の現場を復元、説話や伝説に彩られた平安期の陰陽師・安倍晴明の実像を探る。「術法の者」としての生涯を明らかにすることで、従来とは異なる新しい晴明像を描きだす。

+関連・リンク+
ミネルヴァ書房
OGDOAD
晴明神社(京都)
安倍晴明神社(大阪)
陰陽師・安倍晴明

著者の斎藤英喜氏は仏教大学文学部教授(専攻:神話・伝承学研究)。
ミネルヴァ書房は社会科学関係などの学術書を扱う出版社です。
こんなオカタイ本で岡野玲子が取り上げられているのはオドロキ!
岡野玲子のコミック『陰陽師』は初めの数巻の今昔物語辺りの説話っぽい話が
だんだん風呂敷が広がって、よく分からない世界に突入しているような印象も。
(それが研究者の領域なんでしょうか…)
彼女のおかげで晴明ブームが到来した訳だし、
陰陽道や、その他諸々の思想哲学的部分もきちんと調べられているようなので
研究者が章を割いて取り上げていてもおかしくないかな。
それなら夢枕獏は…?
読みたい度35%

|

« 『ザ・ハウス・オブ・グッチ』 | トップページ | 『ホラー・ムービー究極大鑑』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/1622321

この記事へのトラックバック一覧です: 『安倍晴明―陰陽の達者なり』:

« 『ザ・ハウス・オブ・グッチ』 | トップページ | 『ホラー・ムービー究極大鑑』 »