« 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 | トップページ | 『香り高く味わう 紅茶―伝統を学び、茶葉を選び、遊ぶ』 »

2004/10/04

『THE STUDY OF COMME des GARCONS』

The study of Comme des Gar〓ons
南谷えり子著・秋山道男監修
リトル・モア 2,381円(税別) ISBN4-89815-100-0 04.7刊

(ゲタ字〔〓〕は“cのセディーユ”)

+内容+
たったひとつのア・ラ・モード
コム デ ギャルソンの秘密をとき明かす教科書
1982年、穴だらけのほつれたセーター、全身黒一色というコーディネイトでパリ・コレに衝撃を与えたコム デ ギャルソン。衰退の激しいファッション業界で最前線を走り続ける孤高のデザイナー・川久保玲は何を創ろうとしたのか……。
初めてパリ・コレに参加した1981年から2003年まで、22年間に及ぶ創作活動の実績と特徴を大公開。
斬新なデザインの検証から、企業としての独特な経営戦略、マーケティング論まで展開される。川久保玲のビジネスウーマンとしての顔にも迫った“コム デ ギャルソン”論の決定版です!
写真・パターンも多数収録!
ギャルソンのすべてが明らかに。

+関連・リンク+
リトル・モア

BOOKアサヒコム|朝日の紙面から

ファッション通や、業界の人には絶大な人気があるコム・デ・ギャルソン。
自分にはどうして魅力的なのか今ひとつよくわからないんですけど…(汗)
ただ、メディアから垣間見る川久保玲の服作りに対しての姿勢は凄いと思う。
芯がしっかりしているというか、思想がしっかりとしているというか。
そういった部分をお勉強してみたいと思わせる内容。
読みたい度75%

|

« 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 | トップページ | 『香り高く味わう 紅茶―伝統を学び、茶葉を選び、遊ぶ』 »

コメント

+書評+
ホビー・日本が誇るブランド「強さ」の秘密に迫る 中沢明子(ライター)
【朝日新聞2004.9.26朝刊】

投稿: 黎@管理人 | 2005/04/05 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/1587275

この記事へのトラックバック一覧です: 『THE STUDY OF COMME des GARCONS』:

» スタディ・オブ・コムデギャルソン [悲スウィート…]
足が2本ある。可動範囲はある程度限られる。身体を支えたり、歩いたり走ったり、上げ [続きを読む]

受信: 2005/01/28 15:12

« 『マリー・アントワネットと悲運の王子』 | トップページ | 『香り高く味わう 紅茶―伝統を学び、茶葉を選び、遊ぶ』 »