« 『文学的人生論』 | トップページ | 『BEYOND―KASHIWA SATO』 »

2004/11/19

『山名文夫のグラフィックデザイン―装丁・広告・プライベートな挨拶状まで』

山名文夫のグラフィックデザイン
山名文夫〔作〕・水野卓史アートディレクション・監修
ピエ・ブックス 3,600円(税別) ISBN4-89444-375-9 04.11刊

+内容+
第1章 都民劇場公演パンフレット表紙
第2章 装丁・挿画他
第3章 広告作例
第4章 広告1
第5章 広告2 資生堂
第6章 年賀状・礼状

+関連・リンク+
ピエ・ブックス
資生堂

山名文夫って誰?という感じだけど、絵は見たことある!
資生堂の花椿マークが有名です。
繊細なタッチがとても魅力的。
読みたい度45%

|

« 『文学的人生論』 | トップページ | 『BEYOND―KASHIWA SATO』 »

コメント

*山名文夫関連の本が、また出版の模様

『山名文夫―1897‐1980』(ggg Books別冊 3)
DNPグラフィックデザイン・アーカイブ 2,300円(税別)
ISBN4-88752-343-2 04.11刊
+内容+
資生堂以前
和歌山‐大阪時代
プラトン社の頃を語る
『女性のカット』序詩
クロスワード・パズルと洒唖六先生
名探偵洒唖六先生
主情派美術会
ROMANIA
カットとさしえ
プラトン社解散と資生堂入社〈他〉

+山名文夫のデザイン、イラストレーションとその足跡を39篇の自伝的エッセイ、デザイン論、イラストレーション論でたどる。

投稿: 黎@管理人 | 2004/11/27 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2001390

この記事へのトラックバック一覧です: 『山名文夫のグラフィックデザイン―装丁・広告・プライベートな挨拶状まで』:

« 『文学的人生論』 | トップページ | 『BEYOND―KASHIWA SATO』 »