« 『アジアのいかしたTシャツ』 | トップページ | 『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』 »

2004/11/22

『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』

地球のはぐれ方
村上春樹著・吉本由美著・都築響一著
文藝春秋 2,000円(税別) ISBN4-16-366470-X 04.11刊

+内容+
魔都、名古屋に挑む
62万ドルの夜景もまた楽し―熱海
このゆるさがとってもたまらない―ハワイ
誰も(たぶん)知らない江の島
ああ、サハリンの灯は遠く
清里―夢のひとつのどんづまり

+関連・リンク+
文藝春秋
村上春樹.com
村上春樹中毒者のためのインターネット情報源

この本、気が付くとベストセラーに入っていました。
作家・村上春樹、スタイリスト・吉本由美、編集者・都築響一の取り合わせが絶妙。
都築響一(自分はこの人のこと、ずっと写真家だと思ってました…)のテイストが
結構強めにでてるんでしょうか…ユル~い感じが面白い。
読みたい度60%

|

« 『アジアのいかしたTシャツ』 | トップページ | 『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』 »

コメント

共著ということで心配していたのですが、読み始めてみるとお3方の文章が調和していて良かったです。

投稿: 夏川 | 2004/12/07 11:38

コメントありがとうございます!
自分は、読む本を選ぶ時にベストセラーを避けたりしてしまう天邪鬼なんですが、
この本はかなり気になっています。
イメージ的には村上春樹が別路線に行っちゃってるか、
都築響一が浮きまくってるか、という気がしていたんですが
そういうことも無いんですね~。
参考になりました!

投稿: 黎@管理人 | 2004/12/08 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2028793

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』:

« 『アジアのいかしたTシャツ』 | トップページ | 『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』 »