« 『京の旨味を解剖する』 | トップページ | 『売れた!国産30選―実録 ヒット商品誕生の裏側 現代編』 »

2004/12/14

『お産椅子への旅―ものと身体の歴史人類学』

お産椅子への旅
長谷川 まゆ帆著
岩波書店 2,800円(税別) ISBN4-00-022376-3 04.11刊

+内容+
第1章 お産椅子とは何か
第2章 文献上のお産椅子とその歴史的変遷
第3章 お産椅子の形態変化と身体の所作
第4章 触れること/触れられること
第5章 象徴・記号としてのお産椅子
第6章 お産椅子に先立つ身体の技法
第7章 お産椅子からベッド/分娩台への移行

現代の人々に忘れられた「お産椅子」は、なぜ16世紀から17世紀にヨーロッパに広がり、19世紀には姿を消したのか。この椅子が抱える、ヨーロッパの身体宇宙の謎を求めて、著者はフランスのさまざまな地方へ、古今の文献へ、近代医学へ、「お産椅子」への旅を続けてゆく。

+関連・リンク+
岩波書店


著者の長谷川まゆ帆氏はフランス近世/近代史・歴史人類学などを教えている
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部助教授。
関心領域は、アルザス/ロレーヌの近代化と
出産空間の変遷、身体・医療・食の歴史だそうです。
“お産椅子”って何だろう?という感じだけれど、
それで本が1冊できてしまうのが凄い。
で、“お産椅子への旅”って…!?
読みたい度45%

|

« 『京の旨味を解剖する』 | トップページ | 『売れた!国産30選―実録 ヒット商品誕生の裏側 現代編』 »

コメント

+書評+
出産の道具から身体性の喪失を問う 池上俊一(東京大学教授=西洋史)
【朝日新聞2004.12.19朝刊】

投稿: 黎@管理人 | 2004/12/20 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2261159

この記事へのトラックバック一覧です: 『お産椅子への旅―ものと身体の歴史人類学』:

« 『京の旨味を解剖する』 | トップページ | 『売れた!国産30選―実録 ヒット商品誕生の裏側 現代編』 »