« 『東京・首都圏おでかけアクセス お寺・神社の散策編』 | トップページ | 『アイデアるお仕事』 »

2005/01/02

『人間・廃業・宣言―世紀末映画メッタ斬り』

人間・廃業・宣言(映画秘宝COLLECTION 29)
友成純一著
洋泉社 1,600円(税別) ISBN4-89691-877-0 05.1刊

+内容+
ポール・バーホーベン―サディズムとマゾヒズムの狭間で笑う反アメリカ主義者
デイヴィッド・フィンチャー―時代の狭間を生きる世代の“革命児”
リドリー・スコット―欲望の海に溺れて『エイリアン』は自らの肉体に宿る
スティーヴン・スピルバーグ―お前はファンタジーに対する裏切り者だ!
ティム・バートン―己を罰しつつ人間を憎悪せよ
無限の合わせ鏡に手を伸ばす―バーチャルSF映画の隆盛と真相
金子修介―今宵、怪獣が日本を根絶やしにする
庵野秀明―『新世紀エヴァンゲリオン』ブームの正体
サム・ライミ&ピーター・ジャクソン―マニア作家が世界的ヒットメイカーになるまでの条件〈他〉

スプラッタ・ホラー小説のパイオニアにして、ひとでなし映画評論家の友成純一が、90年代末から新世紀にかけての『マトリックス』『ファイト・クラブ』から『イノセンス』にいたるまでに貫かれる映画最大のテーマ「オタク・暴力・人間否定」に正面から向き合い、止めを刺す。

+関連・リンク+
洋泉社
CINEMA SCRAMBLE
eiga.com
映画生活
みんなのシネマレビュー

自分が映画を見るときのポイントの一つが監督。
昨年は秋頃まで結構映画館に行っていたものの、
年末は忙しくて足を運ぶことが出来ず…
今年も色々観ていきたいと思います。
読みたい度55%

|

« 『東京・首都圏おでかけアクセス お寺・神社の散策編』 | トップページ | 『アイデアるお仕事』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2450540

この記事へのトラックバック一覧です: 『人間・廃業・宣言―世紀末映画メッタ斬り』:

« 『東京・首都圏おでかけアクセス お寺・神社の散策編』 | トップページ | 『アイデアるお仕事』 »