« 『しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り 新雛形ぽち袋』 | トップページ | 『いろいろないろ』 »

2005/01/19

『逆命利君』

佐高信著

岩波書店 1,000円(税別) ISBN4-00-603102-5 04.12刊

+内容+
帰らざる人
男の美学
ジャン・コクトー
母と叔母と
自称スペイン特使
ビジネス・レターの風格
タフ・ネゴシエーター
卓越した「現代世界論」
Don't disturb
管理に刃向かう
住友個性派の系譜
いやしくも浮利にはしらず
「外国人は任せて下さい」
恋文
“愛児”ケニイへ
現代“社畜”批判
若き日の日記

命に逆らいて君を利する―住友商事の常務だった鈴木朗夫は抜群の企画力、折衝力、語学力と自己の美学をもち、屈従と非合理が支配する陰湿な日本的企業社会に対する果敢な挑戦者であった。ジャン・コクトーに心酔し、自分をムッシュウと呼ばせたこの気障な教養人の誇り高き生と死のドラマを描く佐高人物評伝の代表作。

+関連・リンク+
岩波書店
住友商事

評論家・佐高信の著書。
経済ジャンルの本らしくない目次がユニーク。
って、“コクトーに心酔”という箇所にピンと来ただけなんですが…
でも、伝記・評伝の類を読むのは好きです。
人の“生き方”に興味アリ!
読みたい度55%

|

« 『しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り 新雛形ぽち袋』 | トップページ | 『いろいろないろ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2620644

この記事へのトラックバック一覧です: 『逆命利君』:

« 『しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り 新雛形ぽち袋』 | トップページ | 『いろいろないろ』 »