« 『都市と光 照らされたパリ』 | トップページ | 『固有名詞を通じて見たアメリカン・イメージ連想辞典』 »

2005/01/31

『河原官九郎』

河原官九郎(角川文庫)
宮藤官九郎〔著〕・河原雅彦〔著〕
角川書店 590円(税別) ISBN4-04-372502-7 05.1刊

+内容+
シリーズ・男の鞄
恥ずかしいボクの人生
クドカン・まちゃぴこのデート!デート!デート!
クドカン・まちゃぴこのトーク!TALK!と~く!
クドカン・まちゃぴこのバイト!バイト!バイト!
宮藤官九郎活動記録
宮藤官九郎男子道一直線
108Q
河原雅彦活動記録
河原雅彦その劇的人生
クドカン・まちゃぴこのトライ!トライ!トライ!
宮藤・河原ワガママ放談(飲酒可)
宮藤・河原 祝!文庫化放談(釣り可)

撮り下ろし+書き下ろしも加え、伝説の1冊がついに文庫化。

+関連・リンク+
角川書店
Very Goodman
大人計画
慢性★まちゃぴこ中毒

宮藤官九郎の存在を知ったのは、松尾スズキの舞台『キレイ』を観に行った時。
何となく存在の凄さを感じていたら、その後ドラマ脚本、映画とマルチに活躍。
河原雅彦は「あれ、この舞台にも出ていたぞ!」的な感じで、
自分の中では不思議な人。年齢不詳チックな印象も…
この本、結構強烈。良い意味でヤクザな本かな。
読みたい度50%

|

« 『都市と光 照らされたパリ』 | トップページ | 『固有名詞を通じて見たアメリカン・イメージ連想辞典』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2753245

この記事へのトラックバック一覧です: 『河原官九郎』:

« 『都市と光 照らされたパリ』 | トップページ | 『固有名詞を通じて見たアメリカン・イメージ連想辞典』 »