« 『アイデアるお仕事』 | トップページ | 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 »

2005/01/04

『漱石文学のモデルたち』

漱石文学のモデルたち
秦郁彦著
講談社 1,900円(税別) ISBN4-06-212303-7 04.12刊

+内容+
第1章 松山の「坊っちゃん」
第2章 マドンナの虚と実
第3章 吾輩猫の舞台と役者
第4章 『三四郎』の世界

『坊つちやん』から『三四郎』まで。歴史家が踏みこむ漱石への道。

+関連・リンク+
講談社
東北大学附属図書館夏目漱石ライブラリ

『坊っちゃん』は漱石が旧制松山中学校に赴任していたときのことを書いた
というのは周知の事実。
『吾輩は猫である』の登場人物も漱石の友人達がモデルになっています。
そういうのを踏まえて、その先を知りたいというところでこの本は楽しいかも。
読みたい度50%

|

« 『アイデアるお仕事』 | トップページ | 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2466363

この記事へのトラックバック一覧です: 『漱石文学のモデルたち』:

» 我輩はネギである [告白の仕方ガイド&詩〜甘く、そして臭いブログの始まり〜]
 いきなり画像です。しかもネギ写真初めて貼り付けます。  「初めてでネギかよ!!」ってツッコミ入りそうですが、この一本のネギには、ネギとして終わらせるにはもったいないぐらいのエピソードがあり、今回は、そのお話をしたいと思います。    「我輩は、ネギである」     我輩はネギである名前はまだ無い。そりゃネ�... [続きを読む]

受信: 2005/04/22 05:00

« 『アイデアるお仕事』 | トップページ | 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 »