« 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 | トップページ | 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 »

2005/01/06

『なぜフェミニズムは没落したのか』

荷宮和子著

中央公論新社 760円(税別) ISBN4-12-150159-4 04.12刊

+内容+
1章 衣食足りて「かわいい」を知る
    昭和の『ベルばら』ブーム
    DCブーム〈他〉
2章 林真理子と上野千鶴子と小山田ノン
    『アンアン』vs.『JJ』
    林真理子という存在/「ヒガミ、ネタミ、ソネミ」 ほか)
3章 なぜフェミニズムは没落したのか
    「フェミニズムはおばさんの学問」!?
    使えないフェミニスト〈他〉
4章 今こそ「八〇年代的な空気」を復活させよう
    「○○したい!」vs.「○○したくない!」→「○○しろ!」
    女にとって「戦争」はオイシクナイ

『アンアン』等の80年代雑誌文化は「フェミニズムのようなもの」だった。「女の時代」と言われたあの頃の空気は、なぜ退潮したのか?林真理子、上野千鶴子らに焦点を当てて検証する。

+関連・リンク+
中央公論新社
フェミニズム通信
日本男性解放論

著者の荷宮和子氏の肩書きが“女子供文化評論家”というのもスゴイ!
それはともかく、高校から現在に至るまで
なぜか女性の多い環境に身を置いている自分。
ジェンダーについては敏感にならざるを得ないわけで…
ただ、やはりフェミニズムは古いと思う。
最近行き過ぎたフェミニズム運動が問題になってますが、
これからは女性学だけではなく、
やはり男女両方合わせたものが必要ではないだろうかと思うわけであり…。
読みたい度65%

|

« 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 | トップページ | 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2485140

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜフェミニズムは没落したのか』:

« 『人間コク宝―ドトウの濃縮人生インタビュー集』 | トップページ | 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 »