« 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 | トップページ | 『杉田かおる語録』 »

2005/01/08

『ぼくは「つばめ」のデザイナー 九州新幹線800系誕生物語』

ぼくは「つばめ」のデザイナー
水戸岡鋭治著
講談社 1,200円(税別) ISBN4-06-212532-3 04.12刊

+内容+
800系「つばめ」デビュー
「つばめ」誕生物語
ぼくの子ども時代
デザインの境界をこえて
「アクアエクスプレス」から新幹線「つばめ」まで
未来をデザインしてみよう

「自然」「和」「中が外」「タテ目」…斬新なコンセプトの新幹線、800系「つばめ」はどうして生れたか!883系「ソニック」や885系「かもめ」、787系「つばめ」など数々の名列車を生み出してきた水戸岡鋭治のデザイン物語。
水戸岡鋭治(みとおか・えいじ)
1947年岡山県生まれ。デザイナー、イラストレーター。建築・鉄道車両・グラフィック・プロダクトなどさまざまなジャンルのデザインで活躍を続けている。なかでもJR九州の駅舎、車輌の斬新なデザインは、鉄道ファンの粋を越え、広く注目を集め、ブルネル賞・ブルーリボン賞・ローレル賞・日本鉄道賞・グッドデザイン商品選定など多くの賞を受賞している。おもなデザイン作品に、JR九州の新幹線800系、特急車両の885系、883系、787系、西鹿児島駅、熊本駅ビル、岡山電気軌道の路面電車「MOMO」などがある。(株)ドーンデザイン研究所主宰。JR九州デザイン顧問・両備グループデザイン顧問。

+関連・リンク+
講談社
九州新幹線「つばめ」

子ども向けの本だけれども、侮れません。
内容がわかりやすいというのは当然ですが
仕事に対するこだわりや想い、情熱といったものがひしひしと伝わり、
読み応えのある内容。
読みたい度80%

|

« 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 | トップページ | 『杉田かおる語録』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/2504257

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくは「つばめ」のデザイナー 九州新幹線800系誕生物語』:

« 『京都人も本当のことを知らない 京都のナゾ?意外な真実!』 | トップページ | 『杉田かおる語録』 »