« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

『145人の自殺者 彼らはいかにして命を絶ったか?』

145人の自殺者
スーサイド・ラボ著

データハウス 1,600円(税別) ISBN4-88718-799-8 05.2刊

+内容+
薬物とビニール袋の併用―究極の自殺法 確実かつ眠るような死
首吊り自殺―苦痛が少なく、速効かつ高い致死率を誇る
服薬自殺―ポピュラーな手段だが、致死率は非常に低い
窒息死―首吊り以外にも様々な窒息死が存在する
飛び降り自殺―致死率は高いが失敗した場合の後遺症は重い
低体温死―苦痛もなく、かなりの高致死率
刃物を使った自殺―致死率は低いがパフォーマンス性は高い
入水自殺―死亡までわずか4、5分だが、醜態をさらすことになる
感電自殺―多少の知識を必要とするが致死率は非常に高い
銃自殺―即死の神話は大きな誤り〈他〉

+関連・リンク+
データハウス

社会問題にもなった『完全自殺マニュアル』。
その後、類似の本が刊行されるように。
本書は2001年刊の再刊とのことですが、存在を初めて知りました。
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

『クマは「クマッ」となく?! おもしろ動物生態学』

クマは「クマッ」となく?!
熊谷さとし著
偕成社 1,200円(税別) ISBN4-03-528180-8 05.2刊

+内容+
目の話
歯の話
足の話
くちばしの話
なき声の話
カムフラージュの話
フィールドの話
里山の話
保護の話

ゾウはなぜ首が短いか?トラの模様はたてじまか横じまか?黒い竜のようなコウモリの群れの話などなど、画家でフィールドワーカーの著者が語るとっておきの話44編。小学4・5年生から。
熊谷さとし(くまがい・さとし)
1954年宮城県仙台市に生まれる。漫画家村野守美氏に師事。グラフィックデザイン、アニメーションを経て、学習漫画家として活躍。また「自然保護運動図画工作執筆家」として、環境教育教材の開発・製作、動物専門学校やカルチャーセンターの講師も勤める。日本野生動物観察指導員。「ふくしまワイルドライフ市民&科学者フォーラム」クリエーター。富山市ファミリーパーク「21世紀の動物園展示を実践する」プロジェクト・メンバー。里山の野生動物観察会、講演会を開催するかたわら、絶滅寸前のニホンカワウソを追い続ける。

+関連・リンク+
偕成社
熊谷さとしのフィールドノート

児童書です。
いきなりベタなタイトルで…と思ったけれど
子どもの興味を上手く引き出すような内容構成に注目。
大人が読んでも面白そう。
読みたい度45%

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/26

『INDIE FONTS 世界の最先端タイプフェイス、2,000書体』

Indie fonts
Richard Kegler著・James Grieshaber著・Tamye Riggs著
ビー・エヌ・エヌ新社 3,400円(税別) ISBN4-86100-211-7 05.2刊

+内容+
Altered Ego Fonts
Astigmatic One Eye Typographic Institute
Carter&Cone Type,Inc.
The Chank Company
Font Diner
fontBoy
Fountain
GarageFonts
LettError
P22 type foundry〈他〉

原題『INDIEFONTS:A Compendium of Digital Type from Independent Foundries』
「Indie Fonts」は、世界のタイポグラフィ界において最も活動的、革新的な18の独立系type foundry(書体制作会社)によって作られた2,000を超えるフォントコレクションです。本書は、グラフィックデザイナーやタイポグラフィの愛好者達にとってのユニークなソースブックとして、また、使いやすいリファレンス書として役立つことを目的として編纂されました。これまであまり知られていなかった新鮮な文字のデザインや、珍しいフォントが数多く収録されています。多くのフォントが1冊にまとめられたことで、タイポグラフィについて何らかのインスピレーションを得たい人達や実用的な情報を求めるデザイナー達にとっても有益な書籍となっていることでしょう。
CD‐ROM1枚付き。

+関連・リンク+
ビー・エヌ・エヌ新社

フォントは見てるだけでも結構楽しい。
用の美というか、実用とアートを兼ね備えている部分が気に入っています。
メッセージをどのように伝えるか、
フォントによってガラリと印象が変わるというのも面白いと思います。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

『新・東京の仕事場』

新・東京の仕事場
木内昇著
平凡社 2,400円(税別) ISBN4-582-62035-3 05.2刊

+内容+
INTEREST
新世界
Stylish Space
わびさび
移動型
Compact
住居+アトリエ
作業室

木内昇(きうち・のぼり)
1967年生まれ。東京都出身。出版社勤務を経て、独立。インタビュー誌「Spotting」を作るかたわら、単行本、雑誌などで執筆や編集を手掛ける。

+関連・リンク+
平凡社
spotting

有名人・クリエイターの仕事場を拝見。
宮藤官九郎が移動型だったり、TUGBOATのオフィスがクールだったり。
その人らしさがよく出ているな~という感じ。
誰だったか…仕事場から見える、ちょっとした窓外の風景が美しい。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/02/24

『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック―誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』

東京・鎌倉有名人お墓お散歩ブック
カジポン・マルコ・残月編著
大和書房 1,600円(税別) ISBN4-479-39113-4 05.3刊

+内容+
第1章 北エリア 豊島区・台東区・北区・足立区―高層ビルを借景にした閑静な墓苑
第2章 東エリア 台東区・墨田区・中央区―“江戸”をしのばせる寺から寺へ
第3章 中央エリア 千代田区・新宿区・文京区―都心の静寂の中に眠る人たち
第4章 南エリア 港区・大田区・世田谷区・品川区―お洒落な街に隣接する公園墓地
第5章 西エリア 武蔵野市・三鷹市・杉並区・練馬区・小平市・八王子市・あきる野市・日野市―「中央線」沿いに東京の西郊へ
第6章 府中エリア 府中市―甲州街道をはさんで拡がる東京最大の墓域
第7章 鎌倉エリア 鎌倉市―「海と山」に抱かれた古都に眠る
第8章 霊園マップ

カジポン・マルコ・残月(かじぽん・まるこ・ざんげつ)
1967年11月24日、大阪生れ。文芸研究家として講演や執筆活動を行い、活動の拠点としているホームページ『文芸ジャンキー・パラダイス』は200万件ヒットの大人気サイト。全世界600名の墓巡礼レポートをはじめ、映画、文学、音楽、マンガ、絵画等あらゆる芸術ジャンルに関する情報を日々発信している。「墓マイラー・カジポン」としてNHK「ものしり一夜づけ」でも紹介された。インターネットを通した企画も多数。

+関連・リンク+
大和書房
文芸ジャンキー・パラダイス

大学の卒論は三島由紀夫でした。
卒論を書いているときに多磨霊園に墓参りに行こうかと思いながら、そのままに…
太宰の墓は桜桃忌ともなると、かなりの人がお参りをすると聞いたことがあるけれど
三島はそんなこと無いだろうなぁ。
同じく多磨霊園では、江戸川乱歩、向田邦子、岡本太郎の墓などが気になります。
あと、ディック・ミネとか(笑)
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

『フォトブック ロミオとジュリエット』

フォトブックロミオとジュリエット
「フォトブックロミオとジュリエット」製作委員会編
双葉社 2,000円(税別) ISBN4-575-29781-X 05.2刊

+内容+
2004年12月~2005年2月公演舞台「ロミオとジュリエット」。シェイクスピアの名作、巨匠・蜷川幸雄の演出、愛に駆けた若き2人の俳優、藤原竜也と鈴木杏。舞台写真&撮り下ろしフォト、出演者インタビューetc…貴重な写真とテキストを収録した豪華メモリアルフォトブック。

+関連・リンク+
双葉社
ロミオとジュリエット
蜷川幸雄
藤原竜也
FOSTER(鈴木杏所属事務所)

昨年の野村萬斎主演『オイディプス王』に続く
蜷川幸雄演出公演のブックレット化。
この『ロミオとジュリエット』公演、昨年12月に日生劇場で観ました。
藤原竜也と鈴木杏は蜷川演出『ハムレット』公演が大絶賛だったのですが、
自分は観ていなかったので、今回の舞台はどうなのかと…
1998年に、さいたま芸術劇場で上演された
大沢たかお、佐藤藍子の公演と比べてみたりして。
詳しい感想はいずれココではなくサイトの方にUPの予定…
(現在多忙につき、更新もままならないのですが 汗)
それにしても、今年70歳になろうというのに、Bunkamuraシアターコクーンで
“NINAGAWA VS COCOONシリーズ”として4作品を連続上演!!
話題にも事欠かないし、蜷川センセイは色々な意味で凄い演出家です。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/22

『カフェオレボウル』

カフェオレボウル
山本ゆりこ著
六耀社 1,500円(税別) ISBN4-89737-519-3 05.3刊

+内容+
4色のボウルたち
  青のボウル
  赤のボウル
  緑のボウル〈他〉
地方のボウルとスペシャリテ
  プロヴァンス地方
  アルザス地方
  バスク地方〈他〉
ボウルを探して
  パリでボウルを見つける方法
  パリのボウルコレクター
  フランスの朝食のこと

蚤の市やショップでカフェオレボウルを集めるうちに、模様や形、大きさの違いに興味をもち、作られた時代や窯元を調べてみた。さらに、フランス各地の焼きものを知り、そして伝統工芸品へ。その興味はますます深まっていく…。
山本ゆりこ(やまもと・ゆりこ)
菓子・料理研究家。日本女子大学家政学部食物学科卒業後、97年に渡仏。パリのリッツ・エスコフィエとル・コルドン・ブルーにて製菓のグラン・ディプロムを取得した後、三ツ星レストランやホテル等で修業を重ねる。フランスと日本を行き来しながら、執筆活動や企業アドバイザーとして活躍。

+関連・リンク+
六耀社

その昔、カフェで初めてカフェオレボウルを使っている人を見て、
何故にカフェで茶碗?と仰天したこともあったような…(恥)
未だにカフェオレをカフェオレボウルで飲んだことはありません。
そういうので出てきたら「結構なお手前で」とか言ってしまいそう(笑)
最後の一口とか、茶道風に「スゥーッ…」と音を立てて飲んだりして(爆)
いや、それはともかく、カフェオレボウルで抹茶なんて良いのではないかな?
なんて思ったり。
読みたい度45%

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/21

『ほやじ日記』

ほやじ日記
倉田真由美著
朝日新聞社 1,200円(税別) ISBN4-02-257992-7 05.2刊

+内容+
星野仙一―やっぱり男は勝ってなんぼ、でしょ
桑田佳祐―エロ発言がセクハラに聞こえないおやじとは…?
桜庭和志―猛獣面じゃなく普通っぽいサクがいい
桂歌丸―植物臭しそうな枯れ系は意外にモテる
ジョニー・デップ―ひげ面よりもコスプレにやられてる?
松本人志―女は前戯のような言葉の交歓に弱い
浜田雅功―実は「つっこみ上手」な浜ちゃんが好み
山崎拓―女の敵。しかしなんか憎めないのだ
江頭2:50―ハゲにピュアに立ち向かう姿、かっこいいぞ
緒形拳―ドスのきいたあの声に全てを委ねたい〈他〉

クラタマのテレビで見つけたしびれるおやじ。『週刊朝日』の連載を単行本化。

+関連・リンク+
朝日新聞社の本
週刊朝日
うさたま.com


本の系統でいえばナンシー関と同ジャンルでしょうか。
それにしても、倉田真由美が自分より年下だということを知った時は
ちょっと吃驚でした…
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(光文社新書 191)
山田真哉著
光文社 700円(税別) ISBN4-334-03291-5 05.2刊

+内容+
1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―利益の出し方
2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎―連結経営
3 在庫だらけの自然食品店―在庫と資金繰り
4 完売したのに怒られた!―機会損失と決算書
5 トップを逃して満足するギャンブラー―回転率
6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?―キャッシュ・フロー
7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい―数字のセンス

+関連・リンク+
本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。
山田真哉(やまだ・しんや)
公認会計士。1976年兵庫県神戸市生まれ。大阪大学文学部史学科を卒業後、一般企業を経て、公認会計士二次試験に合格。中央青山監査法人/プライスウォーターハウス・クーパースを経て、インブルームLLC代表。元・日本公認会計士協会会計士補会会報委員長

+関連・リンク+
光文社
公認会計士 山田真哉工房

著者の山田真哉氏は『女子大生会計士の事件簿』シリーズなど、
カタい内容を柔らかくした本を出版している人。
この本は、タイトルにググッと心を掴まれました(笑)
ネーミングの妙だけでなく、さおだけ屋で会計学を語るテクニック。
はっきり言って経済・経営分野には全く明るくない自分ですが、
この本なら、かな~り楽しめそう!
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

『潮干狩り 2005年改訂版』

潮干狩り 2005年改訂版
原田知篤著
文葉社 1,800円(税別) ISBN4-902254-07-7 05.2刊

+内容+
第1章 潮干狩りに行こう!
      潮干狩りに行こう!
      潮干狩りで獲れる貝達
      潮干狩りで獲れる貝の見分け方〈他〉
      潮干狩りのシーズンは春
      潮干狩りに行くまでの準備
      貝の獲り方
      貝毒について
      元ライフガードに聞く
第2章 貝の料理と保存
      砂抜きに挑戦しよう
      獲れすぎた貝の保存方法
      貝の料理
第3章 潮干狩りの歴史
      潮干狩りの歴史
      蛤の草子

原田知篤(はらだ・ともあつ)
1949年10月山口県生まれ。1969年フランス給費留学生としてパリ国立音楽院入学。1972年パリ・エコール・ノルマル卒業。1974年ニューヨーク日系人国際コンクール入賞。1974年より現在まで東京芸術大学オーケストラ講師。1981年より横浜ノネットのメンバーとしても活躍中。日本オーボエ協会常務理事。日仏音楽協会会員。日本クラシック音楽コンクール審査員。本業はオーボエ奏者であるが、潮干狩り熱が高じて1997年に潮干狩りのホームページ「史上最強の潮干狩り超人」をオープン。ホームページは全国的反響を呼び@ニフティホームページコンテスト日本IBM特別賞(2000)、ヤフーサングラスマーク(2001~)、みんコンホビー賞(2003)など数々の賞を受けている。ホームページ作家としては他に第10回マイタウンマップコンクールでアラブ首長国連邦賞(2004)、第2回AiAホームページコンテスト優秀作品賞(2004)を受賞。「潮干狩り超人」としてテレビ、ラジオ、雑誌などへの出演も数多い。

+関連・リンク+
文葉社
史上最強の潮干狩り超人

実は仕事のカラミで手にした本です。
昨年出版された同書名の本の改訂版。
なかなかユニークな本で、貝について科学から文学、歴史、社会等々と、
幅広いジャンルを横断してまとめられています。
地味ながら、愉快な時間とちょっとした知識を得ることが出来る内容がグッドです。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

『正しい家紋台帳 正しい家紋5000種』

正しい家紋台帳
古沢恒敏編
金園社 3,000円(税別) ISBN4-321-31721-5 05.2刊

+内容+
銀杏,稲,井筒,井桁,石,稲妻,錨,庵,いたどり,筏〈他〉

本書では膨大な数の紋の資料の中から、いかがわしいと思われるものを除き、割出し方も昔の毛筆と分廻しを使って作成された不正確さを現代製図法に改めて製図した。商社の商標、各種集団などのシンボルの発想のモチーフとして、またデザイン関係の発想のヒントとしての利用価値は広くつきないと思う。

+関連・リンク+
金園社
日本家紋研究会
家紋World

よく考えてみると、自分の家紋を知らなかったり。
まあ、紋付羽織袴でも着ない限りほとんど縁の無いものですし。
日常生活に馴染みが薄いものでありながら、5000種類もあるんですね。
それにしても、“いかがわしいと思われるもの”って何だろう…
ヤのつく方達のファミリーに関連するものでしょうか~?
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

『光琳デザイン』

光琳デザイン
MOA美術館企画・監修
淡交社 2,476円(税別) ISBN4-473-03198-5 05.2刊

+内容+
序 光琳デザインの展開
図版
 光琳,乾山,光琳画風の展開,光琳意匠の再興
論考
 光琳の絵の位相―燕子花のモティーフをめぐって
 乾山焼の創造へのアプローチ
 光琳模様の流行と背景
 京焼における乾山・光琳意匠の継承と復興
 『光琳百図』について

琳派芸術を大成した画家として知られる尾形光琳(1658~1716)は、陶芸、蒔絵、染織の工芸分野にも大きな足跡を残した。光琳によって生み出された絵画様式や意匠図案は、江戸時代を通じて人気を博し光琳の弟子たちによって継承され、また工芸意匠としても重用された。本書は、現代にも通じる斬新な光琳の意匠性とその受容の様相を、「光琳デザイン」という新しい視点で通覧する。

+関連・リンク+
淡交社

シンプルでいて豪奢な印象も受けるソフィスティケートされた光琳のデザイン性。
いかにも日本的でありながら時代を超え世界的に通用する凄さに大注目。
そういえば、ルイ・ヴィトンのモノグラムの成立にも影響を与えていたり。
光琳菊などはモノグラムの元祖ともいえるんですよね。
最近も代表作「紅白梅図屏風」の制作技法が話題になるなど、興味は尽きません。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

『花粉症の長期戦略と短期療法』

山西敏朗著

小学館 514円(税別) ISBN4-09-418614-X 05.3刊

+内容+
第1章 要チェック!あなたはほんとうに花粉症?
第2章 花粉症について知ろう!
第3章 花粉症はこう治す 病院編
第4章 花粉症とはこう闘う 日常生活編

猛暑の夏の翌年は、スギ、ヒノキ花粉が大量飛散!しかも春だけでなく、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ…と花粉は次から次へ。現代人にとって、花粉アレルゲンと接触しない季節はないに等しいのだ。くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ…。あのうっとうしい症状に、年がら年中見舞われる。自分には無縁と思っている人でも、ある日突然発症、患者になってしまうことだってあり得るのだ。つらい花粉飛散期を少しでもラクに、快適に過ごすためのコツを徹底紹介。さらに、根治に向けた最新医療情報もお伝えする。
山西敏朗(やまにし・としろう)
1965年東京都出身。医学博士。94年日本大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院にて二年間研修医として勤務した後、96年東京医科大学耳鼻咽喉科学教室に入局。2003年に板橋中央総合病院耳鼻咽喉科部長となり、現在に至る。日本耳鼻咽喉科学会会員、日本気管食道科学会会員、日本耳鼻咽喉科感染症研究会会員、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、日本気管食道科学会認定医

+関連・リンク+
小学館
板橋中央総合病院
環境省花粉情報サイト
日本アレルギー協会

アレルギー性鼻炎です…。
季節の変わり目には必ず鼻炎に。
今年は年明けからひどかったので、病院へ。
アレルギーの薬をもらって飲み始めたら、ウソのように快適。
それにしても花粉症は、杉ばかり植林した結果なんですよね。
それって、公害のような気がするんですが…
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/15

『草間彌生全版画集』

草間彌生全版画集 1979-2004
草間彌生
阿部出版 4,500円(税別) ISBN4-87242-174-4 05.2刊

+内容+
版画作品
全版画作品
資料(年譜/受賞/国際展/著書/収蔵)

草間彌生(くさま・やよい)
1929(昭和4)年3月22日、長野県松本市に生まれる。1948(昭和23)年京都市立美術工芸学校(後に銅駝美術工芸高等学校に改称)の4年最終過程に編入し、翌年卒業。数々の個展、受賞歴を誇る。2004年11月、個展「草間彌生の世界展」(11月1日~20日、フクダ画廊・大阪)「衣服の領域 概念としての衣服」(11月8日~12月13日、武蔵野美術大学美術資料図書館展示室・東京)、個展「草間彌生新作展」(11月13日~12月17日、オオタファインアーツ・東京)。

+関連・リンク+
阿部出版
草間彌生

世界中に熱狂的ファンを持つ希代のアーティスト。
常に新しいアートの志向は目を見張るばかり!
インスタレーションは独特の魅力があります。
絵画や版画も、特別好きだという訳ではないのに、なぜか気になる、惹かれる。
東京都現代美術館、森美術館、東京国立近代美術館と、
これまで何度か美術展に足を運んでいます。
何はともあれ、ご本人は年齢不詳のグレイトな女性なのです。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

『テレンス・コンラン 住まいのデサイン全書』

テレンス・コンラン住まいのデザイン全書
テレンス・コンラン著・坂本響子訳・小林理子訳・近藤修訳
エクスナレッジ 6,800円(税別) ISBN4-7678-0402-7 04.12刊

+内容+
第1章 場の感覚
第2章 改善の余地
第3章 暮らしの空間
第4章 材料の詳細情報
第5章 トラブルを防ぐ

原題『THE ESSENTIAL HOUSE BOOK』Terence Conran

+関連・リンク+
エクスナレッジ
THE CONRAN SHOP
Conran

イギリスのコンラン卿といえばデザイン分野では超有名。
レストラン事業に進出し、「英国料理はマズイ」という通説を
「モダン・ブリティッシュはイケル」と変えてしまったり。
それはともかく、東京・丸ビルに入っているコンラン・ショップ。
行く度に、スタイリッシュな部屋にしたいな、と思いつつ…
そこまで余裕が無いのが現実。
あ、新宿のコンラン・ショップにはまだ行ったことがありません(汗)
行きたいとは思うんだけれど、駅から遠いので面倒。
用事があってちょっと立ち寄るという感じで行きたいのですが。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/02/13

『明治神宮の出現』

明治神宮の出現(歴史文化ライブラリー 185)
山口輝臣著
吉川弘文館 1,700円(税別) ISBN4-642-05585-1 05.2刊

+内容+
明治神宮がいつできたか知っていますか―やや長めの序章
明治天皇の出現
明治神宮を東京へ
明治神宮をわが町へ
明治神宮は東京に
明治神宮の出現
明治神宮とはいったい何であるのか―短めの終章

日本最大の初詣スポット、明治神宮。なぜ20世紀の東京に、絵画館・競技場・記念館のある新しい神社が造られたのか。忘れられた「大正の大事業」の真相を掘り起こし、国民にとって明治神宮とは何だったのかを考える。

+関連・リンク+
吉川弘文館
明治神宮

買い物やコンサートなど周辺にはよく行きますが、明治神宮には確か一度だけ。
自分の中の印象としては…
伊東忠太設計の神社。変わった装飾なども無いので、そんな感じはしないんですが。
同様の建築では、平安神宮の方が多少なりとも忠太らしさが出ている気がします。
御朱印を貰いに行ったら、
本木雅弘・内田也哉子夫妻の結婚式の写真が飾ってありました。
そっか、ここだったんだなとか思ったり。
なんだか取り留めの無いことばかり…
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

『現代の犯罪』

現代の犯罪
作田明編・福島章編
新書館 1,600円(税別) ISBN4-403-25082-3 05.2刊

+内容+
アイデンティティ
遊び型非行
暗殺
いじめ
コリン・ウィルソン
ヴォツェック
エディプス
エレクトラ
援助交際
大久保清〈他〉

犯罪学のプロフェッショナルが、犯罪に潜む現代の社会病理を徹底解剖。振り込め詐欺、盗撮、ストーカー、ドメスティック・バイオレンス(DV)など現代を象徴する犯罪から、酒鬼薔薇、新潟少女監禁事件、宅間守、宮崎勤、オウム真理教など最新の事件まで、現代犯罪学のすべての分野を網羅した、犯罪エンサイクロペディア。

+関連・リンク+
新書館
作田明

犯罪を扱った本というとどうも興味本位で胡散臭い感じがするけれど、
これはちゃんとした犯罪学の本のようで。
 常軌を逸したような犯罪が起こると、
必ずといってよいほど福島センセイのお顔を拝見します。
作田センセイもメディアに露出されてるのでしょうか?
確かに近年、動機など意味不明の犯罪が多いような気がする…
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/11

『Blue RIBBONS』

Blue ribbons(Plus eighty one-Creators on the line-)
芥川貴之志著
ディー・ディー・ウェーブ 2,400円(税別) ISBN4-309-90598-6 05.1刊

+内容+
TIGER CORTEZ
SOCCER/FOOTBALL SHOES
LEATHER CORTEZ
NYLON & SUPER CORTEZ
FLYTE
OBORI
KENYA & FINLAND
MARATHON & CROSS COUNTRY
MOON SHOE;BANGKOK〈他〉

写真とストーリーで綴る名作スニーカー150足の紹介とナイキ誕生秘話。

+関連・リンク+
NIKE
NIKE JAPAN

スニーカーに関しては全く分りません…。(汗)
過去、就職してから友人に誘われてスキーに行ったときも、山に登ったときも
革靴だったくらいですから…(笑)
一昨年に地域の運動会に出ないといけないことになり、
学生時代以来初めて必要に迫られスニーカーを買いました。
どんなのが良いか分らなかったので、店員さんに随分馬鹿な質問をした記憶が。
今でも年に一度履くかどうかという感じです。
ファッション性に優れたのも多いので、勉強してみないといけないなとか思いつつ…
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

『OMIAI』

OMIAI〓
沢田知子著
青幻舎 2,800円(税別) ISBN4-86152-031-2 05.2刊

(書名のゲタ字〔〓〕は“ハート”)

+内容+
沢田知子(さわだ・ともこ)
1977年兵庫県神戸市に生まれる。2000年キャノン写真新世紀2000「特別賞受賞」。2004年木村伊兵衛写真賞。The Twentieth Annual ICP Infinity Award for Young Photographer

+関連・リンク+
Tomoko Sawada web

かな~り強烈な作品を発表している写真家。
街中の証明写真機で400人に変装したり、コギャルたちに扮したり、
外見と内面の関係をテーマに作品を発表しています。
この写真集では、お見合い写真30人て!
サイトでネット投票やってます。目移りしてしまいます~(笑)
読みたい度75%

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/09

『ハウスデザイン』

ハウスデザイン
カルレス・ブロート・イ・コメルマ編

グラフィック社 9,500円(税別) ISBN4-7661-1563-5 05.1刊

+内容+
Tadao Ando―House in Nihonbashi
Sir Norman Foster & Partners―Private House
Moneo Brock Studio―Tribeca Home and Studio
Graham Phillips―Skywood House
Eduardo Souto de Moura―Baiao House
Mathias Klotz―Grau House
Mario Botta―House in Daro‐Bellinzona
Shigeru Ban―2/5 House
Simon Conder & Associates―Residencial Conversion of a Fire Station
Behnisch & Partner―Charlotte House〈他〉

50点に及ぶ最新のハウスデザインプロジェクトを、専門的に掘り下げた解説と1500枚以上からなる鮮やかなフルカラー写真で構成。魅力的かつ情報満載のコレクションである。各作品は、デザインコンセプトや建築過程を段階ごとに建築家自身によるコメント付きで、オリジナルの図面や使用建材、テクニックの詳細スケッチも付している。建築、デザインの業界に携わるすべての人にとって必要不可欠な一冊となっている。

+関連・リンク+
グラフィック社

安藤忠雄氏の他、紙の建築で知られる坂茂氏の名前も見えていますね。
ハウスデザインというのが、ちょこっと視点が変わっているようで面白い。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

『文字のデザインを読む。』

文字のデザインを読む。
高柳ヤヨイ著

ソシム 1,800円(税別) ISBN4-88337-398-3 05.2刊

+内容+
1章 デザインの作業―人から人へのコミュニケーションのエネルギーが源!
2章 文字の表情―「表情」とは?
3章 音声と文字のカタチ―イントネーションや間も文字のデザインに反映される
4章 和文書体の特徴―書体の特徴は書体の個性!
5章 欧文書体の特徴―フォーマルかカジュアルかで書体の使用を検討しよう!
6章 文字のオーケストラ―文字というパフォーマーをうまくディレクションする!
7章 デザインを解く

デザイン、それは何だろう?「結構奥が深い脳の活性化かな…」ヒットする文字デザイン、コツは?「伝わることを考える!」メッセージを伝える「文字」にはそれなりの「顔」があります。多くの人に伝わるためのパッケージや会社のロゴ、そして広告やポスターの文字…あなたの日常の文字デザインを考える機会がここにあります。

+関連・リンク+
ソシム

読ませてメッセージを伝えると同時に、視覚的にも訴えかけるものがある
そんな文字のデザインというものに惹かれています。
フォント、ロゴタイプなど、雑誌で特集されてるとつい買ってしまう自分。
文字のデザインというと新しい感じだけれど、よく考えてみると
文字が出来た時から、同時にデザインの歴史も始まっているんですよね。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

『小説家の内緒話』

小説家の内緒話(中公文庫)
瀬戸内寂聴著・山田詠美著
中央公論新社 476円(税別) ISBN4-12-204471-5 05.1刊

+内容+
第1章 私小説
第2章 死
第3章 女と男
第4章 場所の記憶

読者から絶大な支持を受け、小説の可能性に挑戦し続ける二人の作家が「私小説」「死」「女と男」について、縦横に語りあう。
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)
1922年徳島県生まれ。東京女子大学国語専攻部卒業。63年に「夏の終り」で女流文学賞、92年「花に問え」で谷崎潤一郎賞、96年「白道」で芸術選奨文部大臣賞、2001年には「場所」で野間文芸賞を受賞。1973年、平泉中尊寺にて得度
山田詠美(やまだ・えいみ)
1959年東京都生まれ。明治大学中退。85年に「ベッドタイムアイズ」で文芸賞を受賞しデビュー。87年「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」で直木賞を受賞。91年「トラッシュ」で女流文学賞、96年「アニマル・ロジック」で泉鏡花文学賞、2001年には「A2Z」で読売文学賞を受賞

+関連・リンク+
中央公論新社
寂庵
瀬戸内神仏具店
A.L.A.
bar kajiura

瀬戸内寂聴+山田詠美って、ものすごく濃そう(笑)
瀬戸内寂聴の作品で読んだのは『源氏物語』くらいかな…
他にあったような気もしますが覚えていません。
山田詠美は著書を一冊持っているものの、
読もうと思いながら10年以上もそのままに…
そんな人間がこの本を取り上げるな、という感じかもしれませんが。
しかし対談は興味アリ。特に「女と男」!
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

『アマゾンの秘密』

松本晃一著

ダイヤモンド社 1,500円(税別) ISBN4-478-31214-1 05.1刊

+内容+
第1章 長谷川氏からの電話
第2章 アマゾンの考え方
第3章 マーケティングシナリオの作成
第4章 カスタマーキャンペーンをやろう
第5章 コンピュータ書の品揃え
第6章 アマゾン日本上陸
第7章 品質との闘い
第8章 究極のeコマースを目指して
終章 アマゾンで学んだこと

アマゾンが日本に進出することは、まだ絶対的な極秘事項で、だれにも知られてはいけません―2000年11月、ネット書店のアマゾンが日本でオープン。直前まで立ち上げを隠し続けた同社の内部では何が行われていたのか?巨大なシステムの裏側を当時のスタッフが語る門外不出の成功秘話。

+関連・リンク+
ダイヤモンド社
amazon.co.jp

アマゾン様には色々な意味でお世話になっております(笑)
そういえば、過去にメールでちょっとした意見(決してクレームではありません 爆)
を出したところ、丁寧な返事を頂いたことがありました。
お礼のメールをしようと思っているうちにすっかり忘れ果て(汗)
その節は、本当にありがとうございました。と、ここでお礼をしてみたり…
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

『コーヒーに憑かれた男たち』

コーヒーに憑かれた男たち
嶋中労著
中央公論新社 1,800円(税別) ISBN4-12-003603-0 05.1刊

+内容+
一流の味が消えていく
コーヒー屋の「御三家」
最後の一滴まで飲み干して
うまさの鍵は焙煎にあり
荷風散人とロンブル
玉露のようなコーヒー
コーヒー屋にお詣り
ドヤ街のコーヒー屋
コーヒーの真贋を見分ける
よいコーヒーをめざして〈他〉

コーヒーに人生を捧げた愛すべき頑固者自家焙煎のカリスマがカップに注ぐ夢と情熱。

+関連・リンク+
中央公論新社

どちらかといえばコーヒーより紅茶の方が好きなのですが…
コーヒー、家ではだいたい休日の朝に飲むことが多いという感じでしょうか。
実家はコーヒー派で、サイホンや、一時期パーコレーターも使用。
現在はエスプレッソ・マシンを使っています。
ちなみに自分はペーパードリップ主義。
学生の頃、一時期淹れ方に凝り、一番美味しいといわれるネルを
本気で買おうと思ったことがありました。
扱いが面倒だということを知ってあきらめましたが…。
(水に浸して、ずっと冷蔵庫で保存、て…!!)
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/04

『フランク・ロイド・ライトの建築遺産』

フランク・ロイド・ライトの建築遺産
岡野真著
丸善 2,500円(税別) ISBN4-621-07516-0 05.1刊

+内容+
1 伝統様式を手中にして
2 風土になじむ草原住宅
3 海外体験から草原様式を超えて
4 異国趣味への憧れ
5 国際様式を超えて
6 多様な世界に飛び込んで
7 国民住宅を通して民主主義をめざす
8 華やかで豊かな精神世界の実現

フランク・ロイド・ライトは、今もなお世界中で、計り知れない影響力をもっている。しかし、あまりにも多様性に富んだ作品スタイル、様々な著作や講演記録、さらに彼の波乱に満ちた生涯ゆえに、その人間像と作品は誤解され、理解しがたいものとなっている。初期のウィンズロー邸やロビー邸、日本で実現した代表作の帝国ホテル、近代建築の金字塔とされる落水荘、そして晩年のグッゲンハイム美術館やマリン郡シビック・センター等、ライトが残した「建築遺産」を訪ね、各々の作品が成立した経緯をたどりながら、これまで難解とされてきた建築家ライトと作品をわかりやすく解き明かすことを試みる。巻末には公開されているライト作品の所在地、連絡先をまとめる。

+関連・リンク+
丸善
The Frank Lloyd Wright Foundation

日本でもなじみの深いフランク・ロイド・ライト。
自分も好きな建築家の一人です。
業績が評価されていた割には晩年がスキャンダラスな人生だったり…
過去にアメリカを旅行した時、シカゴ・オヘア空港でトランジット。
かなり時間があったので街まで出て、あちこちブラブラと。
何気ないところで色々グッズを売っていたりして、
彼がシカゴに縁のあった人だということを初めて知りました。
アリがちですが、そこでマグネットを購入。今、うちの冷蔵庫にくっついています。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/02/03

『夢の事典 “夢”の世界を探検するために』

夢の事典
ジェイムズ・R.ルイス著・塚本利明訳・久泉伸世訳・金里美訳・鈴木英夫訳
彩流社 6,000円(税別) ISBN4-88202-909-X 05.2刊

+内容+
第1部 夢の事典
第2部 夢のシンボル

原題『The Dream Encyclopedia』James R. Lewis
“夢”の歴史、“夢”に関する文化的見解、“夢”と睡眠の研究、そして“夢”の通俗的な側面についての情報、等々、約250項にも及ぶテーマを網羅。また“夢のシンボル”を扱う部では、夢に出現する約700もの「出来事」を解釈するためのガイドラインを提示する。

+関連・リンク+
彩流社
夢の辞典
夢診断.com

高校時代にフロイトの著作を読んでいて、『夢判断』は特に興味津々。
実際に使えるかと思ったけれど、
やはりフロイトを適用すると、何もかもエロ人間になってしまう…(苦笑)
そういえば、一時期“夢日記”をつけていたこともありました。
起きたら次第に忘れ去られる夢の内容を日々書き留めるのですが、
続けているうちに夢の記憶がどんどん鮮明になってきてビックリ。
不思議なことに、そのうち夢をある程度コントロールできるまでになったり。
そのまま続けていればドリーム・マスター(って何だ??)になれたかも!
ちなみに自分が見る夢はカラーで、荒唐無稽な内容ばかりです。
最近は疲れているのか睡眠時間が短いからか、あまり夢を見なくなりました。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

『私の選んだ一品 鶏の巻―グッドデザイン賞審査委員コメント集4』

私の選んだ一品 鶏ノ巻(GD新書 04)
日本産業デザイン振興会編
日本産業デザイン振興会 800円(税別) ISBN4-931281-57-5 05.1刊

+内容+
生物を見る、知る、デザインの台頭 青いバラ・カーネーション
「それ使いやすい?」 Premini
触覚コンタクトレンズ
サーカスの熊さんになりたい 折り畳み自転車17バイシクル
オススメの生活用品 Vegetable Peeler
「だけの」に込められた思い Q‐hoアルミ棚受
にほんごであそぼ;感謝状 ジップロックコンテナー
おもちゃの肌触り ケルナースティック
現代の勝ち馬、ヤマハトリッカー Tricker XG250〈他〉

生活のあらゆるシーンで私たちの心をゆたかにしてくれるグッドデザイン。なかでもこの本に取り上げられたものたちはハイテクノロジーとハイセンスにあふれた、とっておきの一品。グッドデザイン賞の審査委員ひとりひとりがコレ!と思うお気に入りをとりあげて語ります。

+関連・リンク+
日本産業デザイン振興会

上記の目次以外にも、補聴器、みなとみらい線、手のひら静脈認証、
国立国会図書館関西館の建築プロジェクト、無印の洗濯板、自転車などなど
様々なジャンルのものを取り上げています。
パラパラ眺めているだけで、何だか普通の生活が違った風に見えてきそう。
用の美ということなのかな?
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

『固有名詞を通じて見たアメリカン・イメージ連想辞典』

固有名詞を通じて見たアメリカン・イメージ連想事典
橋本二郎著
研究社 2,000円(税別) ISBN4-327-46150-4 05.1刊

+内容+
1 実在人物
2 架空のキャラクター
3 地名
4 映画タイトル
5 テレビ・ラジオ番組タイトル
6 本のタイトル
7 商品名・広告
8 その他

「モハメド・アリ」といえば、鼻っ柱の強い不屈の闘士のイメージ、「ウディ・アレン」といえば、ニューヨーク中級階級ユダヤ系アメリカ人の生活を諷刺する内気で心配性の主人公。「アメリカン・ゴシック」と聞いて、どんなイメージが思い浮かびますか?固有名詞のイメージを把握できないために、アメリカ人との会話で的確な反応ができなかったり、小説の文意がとれなかったりすることがよくあります。英語を本当の意味で理解するためには、固有名詞のかもしだすイメージに関する知識は必須です。本書は実在人物、架空のキャラクター、地名、商品名など、頻繁に引き合いに出される、アメリカ人にとっての常識の一部をなす固有名詞を選び、そのイメージ、用例を示した画期的なアメリカ引喩辞典。

+関連・リンク+
研究社

とてもユニークな辞典。
何だか括りが曖昧な感じもするけれど、読むだけでも面白そう。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »