« 『ほやじ日記』 | トップページ | 『フォトブック ロミオとジュリエット』 »

2005/02/22

『カフェオレボウル』

カフェオレボウル
山本ゆりこ著
六耀社 1,500円(税別) ISBN4-89737-519-3 05.3刊

+内容+
4色のボウルたち
  青のボウル
  赤のボウル
  緑のボウル〈他〉
地方のボウルとスペシャリテ
  プロヴァンス地方
  アルザス地方
  バスク地方〈他〉
ボウルを探して
  パリでボウルを見つける方法
  パリのボウルコレクター
  フランスの朝食のこと

蚤の市やショップでカフェオレボウルを集めるうちに、模様や形、大きさの違いに興味をもち、作られた時代や窯元を調べてみた。さらに、フランス各地の焼きものを知り、そして伝統工芸品へ。その興味はますます深まっていく…。
山本ゆりこ(やまもと・ゆりこ)
菓子・料理研究家。日本女子大学家政学部食物学科卒業後、97年に渡仏。パリのリッツ・エスコフィエとル・コルドン・ブルーにて製菓のグラン・ディプロムを取得した後、三ツ星レストランやホテル等で修業を重ねる。フランスと日本を行き来しながら、執筆活動や企業アドバイザーとして活躍。

+関連・リンク+
六耀社

その昔、カフェで初めてカフェオレボウルを使っている人を見て、
何故にカフェで茶碗?と仰天したこともあったような…(恥)
未だにカフェオレをカフェオレボウルで飲んだことはありません。
そういうので出てきたら「結構なお手前で」とか言ってしまいそう(笑)
最後の一口とか、茶道風に「スゥーッ…」と音を立てて飲んだりして(爆)
いや、それはともかく、カフェオレボウルで抹茶なんて良いのではないかな?
なんて思ったり。
読みたい度45%

|

« 『ほやじ日記』 | トップページ | 『フォトブック ロミオとジュリエット』 »

コメント

私もカフェオレボウルに深くかかわるようになった一人かもしれません。今では日本一の商品点数のカフェオレボウル専門店になってしまいました。

投稿: Life Balance | 2005/12/14 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3028744

この記事へのトラックバック一覧です: 『カフェオレボウル』:

« 『ほやじ日記』 | トップページ | 『フォトブック ロミオとジュリエット』 »