« 『カフェオレボウル』 | トップページ | 『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック―誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』 »

2005/02/23

『フォトブック ロミオとジュリエット』

フォトブックロミオとジュリエット
「フォトブックロミオとジュリエット」製作委員会編
双葉社 2,000円(税別) ISBN4-575-29781-X 05.2刊

+内容+
2004年12月~2005年2月公演舞台「ロミオとジュリエット」。シェイクスピアの名作、巨匠・蜷川幸雄の演出、愛に駆けた若き2人の俳優、藤原竜也と鈴木杏。舞台写真&撮り下ろしフォト、出演者インタビューetc…貴重な写真とテキストを収録した豪華メモリアルフォトブック。

+関連・リンク+
双葉社
ロミオとジュリエット
蜷川幸雄
藤原竜也
FOSTER(鈴木杏所属事務所)

昨年の野村萬斎主演『オイディプス王』に続く
蜷川幸雄演出公演のブックレット化。
この『ロミオとジュリエット』公演、昨年12月に日生劇場で観ました。
藤原竜也と鈴木杏は蜷川演出『ハムレット』公演が大絶賛だったのですが、
自分は観ていなかったので、今回の舞台はどうなのかと…
1998年に、さいたま芸術劇場で上演された
大沢たかお、佐藤藍子の公演と比べてみたりして。
詳しい感想はいずれココではなくサイトの方にUPの予定…
(現在多忙につき、更新もままならないのですが 汗)
それにしても、今年70歳になろうというのに、Bunkamuraシアターコクーンで
“NINAGAWA VS COCOONシリーズ”として4作品を連続上演!!
話題にも事欠かないし、蜷川センセイは色々な意味で凄い演出家です。
読みたい度50%

|

« 『カフェオレボウル』 | トップページ | 『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック―誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3042480

この記事へのトラックバック一覧です: 『フォトブック ロミオとジュリエット』:

» es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 20:58

« 『カフェオレボウル』 | トップページ | 『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック―誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』 »