« 『暮らしと器 日々の暮らしに大切なこと』 | トップページ | 『日本「島旅」紀行』 »

2005/03/28

『ほめるな』

伊藤進著

講談社 700円(税別) ISBN4-06-149777-4 05.3刊

+内容+
第1章 蔓延する「ほめる教育」
第2章 教育の根本目的は自立の支援
第3章 「ほめる教育」は動物に芸を仕込む方法
第4章 「ほめる教育」はアモーレ情熱をこわしてしまう
第5章 心からほめることまで否定しているのではない
第6章 「ほめる教育」の犠牲者たち
第7章 必要なのは真の愛情
第8章 インタラクティヴ型支援のすすめ

「ほめる教育」がなぜダメかを指摘し、コミュニケーション重視のインタラクティヴ型支援を提唱する。
伊藤進(いとう・すすむ)
北海道教育大学教授。専門はコミュニケーション心理学。

+関連・リンク+
講談社

自分自身は、ほめられて伸びるタイプだと思っているんですが…(笑)
大学時代に一応教育実習に行ったりしたけれど、
教員の世界って、ちょっと特殊な気が。
実際の企業社会を知らない人たちが、
企業に出る人間を育てているのがちょっと不思議な感じ。
良くも悪くも、教育については色々思うところがあったりして。
読みたい度50%

|

« 『暮らしと器 日々の暮らしに大切なこと』 | トップページ | 『日本「島旅」紀行』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3477048

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほめるな』:

« 『暮らしと器 日々の暮らしに大切なこと』 | トップページ | 『日本「島旅」紀行』 »