« 『通勤電車で座る技術!』 | トップページ | 『批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義』 »

2005/03/31

『病気日本史』

病気日本史
中島陽一郎著
雄山閣 5,000円(税別) ISBN4-639-01882-7 05.3刊

+内容+
第1章 日本人の病気観
     「けがれ」と宿命論
     「うらない」と鑑定〈他〉
第2章 史料にあらわれた日本人の病気
     日本の流行病
     風邪(流行性感冒)〈他〉
第3章 歴史的人物と病患の実態
     藤原鎌足
     山上憶良〈他〉
第4章 社会世相と病気
     社会変動と疫病の流行
     「やまい」〈他〉
第5章 日本の医療
     闘病の知恵
     日本の医師〈他〉

「病気」に関して、医学史的、文化史的な角度から日本人の病気と社会に与えた影響と歴史的意義を考える。1982年初版刊の新装版。
中島陽一郎(なかじま・よういちろう)
大正9年東京都に生れる。昭和18年慶応義塾大学卒業。東亜研究所調査員・衆議院参事。国立国会図書館主査などを歴任。平成12年8月逝去。

+関連・リンク+
雄山閣

歴史的人物の死因の病名を挙げているのが面白い。
(それも、かなりの人数を!)
病気によって、歴史が変わったりということも当然あるだろうし…
と、そんなことを考えてみたりして。
読みたい度70%

|

« 『通勤電車で座る技術!』 | トップページ | 『批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3504583

この記事へのトラックバック一覧です: 『病気日本史』:

« 『通勤電車で座る技術!』 | トップページ | 『批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義』 »