« 『つかこうへいの新世界』 | トップページ | 『紙はよみがえる 日本文化と紙のリサイクル』 »

2005/03/09

『図説 ヨーロッパ怪物文化誌事典』

図説ヨーロッパ怪物文化誌事典
松平俊久著・蔵持不三也監修
原書房 3,800円(税別) ISBN4-562-03870-5 05.3刊

+内容+
序文 中世怪物表象考―『ヨーロッパ怪物文化誌事典』に寄せて
第1章 異形へのなまざし―怪物文化誌へ向けて
第2章 ヨーロッパ怪物文化誌事典―異形の博物誌
      神話世界の怪物;博物誌・旅行記のなかの怪物
      民間伝承のなかの怪物
      宗教世界の怪物
第3章 異界の風景―“文化装置”としての怪物

歴史は怪物に満ちている。250以上におよぶ豊富なカラー図版。「怪物」の特徴や語源、形態、出自、時代にいたるあらゆる側面を詳細に描き出す「異形の博物誌」の決定版!詳細な索引、参考文献、注釈付。
蔵持不三也(くらもち・ふみや)
1946年、栃木県生まれ。早稲田大学文学部卒。パリ第四大学(ソルボンヌ校)修士課程修了。パリ高等社会科学研究員DEA課程修了。博士(人間科学)。早稲田大学人間科学学術院教授。フランス民族学専攻。
松平俊久(まつだいら・としひさ)
1974年、栃木県生まれ。早稲田大学人間科学部卒。同大学大学院人間科学研究科修士課程修了。同大学院人間科学研究科博士後期課程在籍中。歴史人類学専攻

+関連・リンク+
原書房

ちょっと澁澤龍彦的な括りの本だといえるかもしれません。
図説というのがゴージャスな感じを出しています。
ヨーロッパの怪物は想像以上に
宗教はもちろん芸術その他の文化に深く入り込んでいるので、
怪物を知るとヨーロッパに対しての
ちょっと違った視点からの理解にも繋がると思われます。
読みたい度50%

|

« 『つかこうへいの新世界』 | トップページ | 『紙はよみがえる 日本文化と紙のリサイクル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3226884

この記事へのトラックバック一覧です: 『図説 ヨーロッパ怪物文化誌事典』:

« 『つかこうへいの新世界』 | トップページ | 『紙はよみがえる 日本文化と紙のリサイクル』 »