« 『秘蔵写真で知る京都御所入門』 | トップページ | 『くど監日記 真夜中の弥次さん喜多さん』 »

2005/04/09

『「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』

「心理テスト」はウソでした。
村上宣寛著
日経BP社 1,500円(税別) ISBN4-8222-4446-6 05.4刊

+内容+
第1章 なぜかみんなの好きなABO―血液型人間学
第2章 万能心理テスト―その名は「バーナム効果」
第3章 インクのシミで心を占う―ロールシャッハ・テスト
第4章 定評ある性格テストは大丈夫か―矢田部ギルフォード性格検査
第5章 採用試験で多用される客観心理テスト―内田クレペリン検査
第6章 エピローグ―仕事の能力は測れるか

「血液型人間学」はもちろん!診察室の「ロールシャッハ法」、就職試験の「内田クレペリン検査」、性格検査の定番「YGテスト」まで、実はみんな事実無根!心理テストを受ける必要がある人、それを使う側の人、もろもろの性格テスト好きの方々、目からウロコが落ちること受け合いです。
村上宣寛(むらかみ・よしひろ)
富山大学教育学部教授。認知心理学、統計分析、性格測定に関するプログラム開発等が専門。

+関連・リンク+
日経BP社

内容も結構驚きだけれども、タイトルがインパクト大!
で、ホントのところ、どうなんでしょう?
読みたい度60%

|

« 『秘蔵写真で知る京都御所入門』 | トップページ | 『くど監日記 真夜中の弥次さん喜多さん』 »

コメント

始めまして。この本は読みたいなあと思っているし、家族からもすすめられているのです。というのも、私はどうしても血液型を信用していて、家族からウザク思われているのです...。この本を読んだら、このような血液型信仰から脱することができるのでしょうか。

投稿: たもと | 2005/06/24 11:14

はじめまして。コメントありがとうございます。
血液型、自分はほとんど信用していないんですが、不思議と“この人の感性はユニークだな”と思う人がB型で、“この人の考え方、よく分かるな”と思うとA型の人だったという事がやたらと多いです。
(ちなみに自分はAB型なんですが)
本当のところ、どうなんでしょうね~?


投稿: 黎@管理人 | 2005/06/28 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3632866

この記事へのトラックバック一覧です: 『「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』:

« 『秘蔵写真で知る京都御所入門』 | トップページ | 『くど監日記 真夜中の弥次さん喜多さん』 »