« 『大奥の24時間 江戸城、奥の奥の謎』 | トップページ | 『カミラと英国王室』 »

2005/04/17

『図説 アジア文字入門』

図説アジア文字入門
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
河出書房新社 1,800円(税別) ISBN4-309-76062-7 05.4刊

+内容+
インド系文字―多様性の中の統一
  多様なインド系文字
  街なかにあふれる文字〈他〉
アラビア文字―神が線を引き、人が点を打った
  アラビア語とは何か
  文字の拡張〈他〉
漢字と漢字系文字―象形文字の子孫たち
  漢字の歴史
  何が「漢字らしさ」となるのか?〈他〉
ラテン文字・キリル文字―ヨーロッパからアジア文字
  キリスト教布教のための導入
  強い影響力をもつ言語からの導入〈他〉

アジアは不思議な文字に満ちている。
さまざまな文字のかたちとその歴史。

まるで絵画を見ているような文字があったり。
世界にはこんなにもヴァラエティに富んだ文字があるのだと再認識。
例えばアラビア文字にしても、書体によって随分趣きが変わるなど、
見ているだけでも楽しい本です。
読みたい度75%

|

« 『大奥の24時間 江戸城、奥の奥の謎』 | トップページ | 『カミラと英国王室』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3737009

この記事へのトラックバック一覧です: 『図説 アジア文字入門』:

« 『大奥の24時間 江戸城、奥の奥の謎』 | トップページ | 『カミラと英国王室』 »