« 『ノベルティデザイン』 | トップページ | 『アメリカ人が作った『Shall we ダンス?』』 »

2005/04/20

『ニッポン駅弁大全』

ニッポン駅弁大全
小林 しのぶ著
文藝春秋 1,429円(税別) ISBN4-16-366660-5 05.4刊

+内容+
第1章 普通弁当(幕の内弁当)
第2章 特殊弁当(蟹めし&蟹ずし,鯛めし&鯛ずし 他)
第3章 限定&珍弁(陶器入り,高級弁当 他)
第4章 空弁(話題の空弁)
旅行や出張に行ったらこの駅弁!―かならず食べたい47都道府県おすすめ駅弁リスト

「駅弁の女王」が舌と足で選んだ駅弁・空弁全534個。幕の内、蟹、うに、鰻、牛肉、酒付き、陶器入り、珍素材など素材別にジャンル分けした、日本初の駅弁・空弁大百科。駅名・空港名で引ける便利な索引付き。食材のコラムやニッポン駅弁分布図も収録。
小林しのぶ(こばやし・しのぶ)
トラベルジャーナリスト。海・酒・温泉・カジノそして駅弁をこよなく愛し、年間150日を旅の空の下で過ごす。駅弁愛好家、温泉の達人として、雑誌、新聞、テレビなどに出演多数。また、各地の駅弁調製元と新作駅弁の共同開発も手がける。駅弁の食べ歩き歴は20年以上。今まで食べた駅弁は4000個にもおよぶ。日本旅のペンクラブ会員。

+関連・リンク+
文藝春秋

駅弁にも女王っているんですね~!!
大全というだけあって、なんだか凄い内容です。
駅弁は滅多に食べることが無いけれど、富山の「ますのすし」が好き。
読みたい度60%

|

« 『ノベルティデザイン』 | トップページ | 『アメリカ人が作った『Shall we ダンス?』』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3775024

この記事へのトラックバック一覧です: 『ニッポン駅弁大全』:

» 名物に旨いものあり [東西南北・閑閑話]
富山といえば何だろう! まず思いつくのは富山湾の『蜃気楼』かな、それから『薬』が昔から有名だよね。 食べ物では・・・ ホタルイカ、シロエビ、ブリと海の幸が多い。 そしてもう1つ、忘れちゃいけないものがあるのだよ! それは写真の『マス寿司』だよね。 サクラマスの漁獲高が全国1番の富山県は、江戸時代からマス寿司が名物となったらしい。 これは土産に持たせてくれたもので、2段重ねの豪華版。 熊�... [続きを読む]

受信: 2005/05/19 06:14

» 嵐山光三郎「不良定年」、小林しのぶ「ニッポン駅弁大全」 [ポロと旅する(兼SSあさちゃん。のいろいろ日記)]
嵐山光三郎「不良定年」(新講社) 嵐山光三郎といえば、「笑っていいとも 増刊号」編C長、まだやってるんかいな? 昔は、日曜10時から必ず見たんもんだけど、今は見ないね。 というか、一週間の買い物タイム中。 本題の本の話だけど、切り口なかなか鋭いね。 序章 不良..... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 14:04

« 『ノベルティデザイン』 | トップページ | 『アメリカ人が作った『Shall we ダンス?』』 »