« 『古寺歩きのツボ 仏像・建築・庭園を味わう』 | トップページ | 『和紙とケータイ ハイテクによみがえる伝統の技』 »

2005/05/02

『辻邦生全集(11) 小説(11) フーシェ革命暦1』

新潮社 7,000円(税別) ISBN4-10-646911-1 05.4刊

+内容+
革命とは何かをテーマに、16年にわたり書き継がれた大作の全貌。

+関連・リンク+
新潮社
辻邦生の作品案内

辻邦生は、派手さは無いけれど(?)好きな作家の一人。
『フーシェ革命暦』はフランス革命期からナポレオンの時代まで、
権力を保ちながら生きた政治家、ジョセフ・フーシェを主人公とした小説。
とんでもなくボリュームのある作品ながら、未完。
本当は文庫化して欲しいのですが…
読みたい度85%

|

« 『古寺歩きのツボ 仏像・建築・庭園を味わう』 | トップページ | 『和紙とケータイ ハイテクによみがえる伝統の技』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/3943463

この記事へのトラックバック一覧です: 『辻邦生全集(11) 小説(11) フーシェ革命暦1』:

« 『古寺歩きのツボ 仏像・建築・庭園を味わう』 | トップページ | 『和紙とケータイ ハイテクによみがえる伝統の技』 »