« 『建築プロジェクトレビュー 電通本社ビル』 | トップページ | 『巌窟王コンプリート』 »

2005/05/08

『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』

キリスト教は邪教です!
適菜 収訳 / Nietzsche Friedrich Wilhelm
講談社 800円(税別) ISBN4-06-272312-3 05.4刊

+内容+
第1章 「神様」ってそういうことだったのか
      「悪」とは何か?
      「進歩主義」は間違った思い込み〈他〉
第2章 キリスト教が世界をダメにする
       仏教の素晴らしいところ
       多様な文化を認めないキリスト教〈他〉
第3章 キリスト教はイエスの教えにあらず
       「それそのもの」を見ないこととは
       イエスを論理的に否定できぬ理由〈他〉
第4章 戦争を生み出す『新約聖書』
       教会は「道徳」で人を支配する
       オカルト本『新約聖書』の暴言集〈他〉
第5章 敵はキリスト教なり
       信仰とは自分自身を見失うこと
       「ウソ」の構造〈他〉

名著、現代に復活。世界を滅ぼす一神教の恐怖!世界を戦火に巻き込むキリスト教原理主義者=ブッシュ、アメリカの危険を百年前に喝破。
フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)
1844年、ドイツ・ザクセン州に生まれる(1900年没)。哲学者・古典文献学者。ルター派の裕福な牧師の子として生まれ,ドイツ屈指の名門校プフォルタ学院に特待生として入学。その後、ボン大学、ライプチヒ大学を経て、古典文献学の権威フリードリッヒ・リッチュルと出会う。実存主義の先駆者として、あるいは「生の哲学」の哲学者として、そのニヒリズムの到来を説いた哲学が20世紀の文学・哲学に与えた影響には多大なものがある。

+関連・リンク+
講談社

ドッキリするようなタイトル(笑)
ニーチェの書いたちゃんとした本なんですね…。
確かにキリスト教を外側から客観的に見ると、
どうなんだろうという部分があるのは確かかな。
それにしてもこの本の宣伝文句の
“アメリカの危険を百年前に喝破”というのは、ちょっとどうなんだろう…(苦笑)
読みたい度60%

|

« 『建築プロジェクトレビュー 電通本社ビル』 | トップページ | 『巌窟王コンプリート』 »

コメント

『キリスト教は邪教です!』の評価ありがとうございます。
 このたび、ニーチェの哲学の核心を小説にした『いたこニーチェ』を刊行しました!

 主人公・吉田武昭は、いつもモヤモヤ、人生含み損を抱えるサラリーマン。
 そんな武昭の目の前に、ある日突然、大哲学者ニーチェが高校時代の
 同級生・三木の身体を借りて降臨する。
 「今の歪んだ世界を正すため、お前を殺す!」と息巻くニーチェ先生。
 よくよく聞けば、武昭は、世界に未曾有の危機をもたらしている元凶、
 プラトン、パウロ、カントといった哲人の末裔らしい。
 ニーチェ曰く「このバカどもが 間違ったキリスト教の世界観を広めて
 しまったために、現代がメチャクチャになりかけている。
 よってお前の代で、この負の連鎖を断ち切るっ!」
 かくして武昭は世界を救うために「改心」すべく、ニーチェ先生にありがたい
 プライベートレッスンを授かるわけで……。
 ニーチェがわかって面白い、新感覚哲学小説。

 *ニーチェの『善悪の彼岸』の内容が、笑いながら短時間で頭に入るという寸法です。

 (詳細はこちらまで)http://www.geocities.jp/tekina777/
 (ご購入はこちらまで)http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAX76501/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4870319047?ie=UTF8&tag=hasamitogi-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4870319047
 イラストは、テレビ朝日で絶賛放映中!
 『ねぎぼうずのあさたろう』の飯野和好氏。
 エディターは、現在170万部突破『夢をかなえるゾウ』の畑北斗氏です。

 なにとぞ、よろしくお願いいたします!

投稿: tekina | 2009/02/21 10:56

書き込みをいただき、ありがとうございます。
記事として、なんだかいい加減な言葉を連ねてしまっているのに、大変恐縮です…(汗)

投稿: 黎@管理人 | 2009/04/02 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4032857

この記事へのトラックバック一覧です: 『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』:

» ♪ローマ法王の神学と科学 --そしてブッシュ大統領が最後の砦? [なんか、変...]
日経サイエンス6月号の記事「ローマ法王の神学と科学」から、僕には「へえ!」だった項目を紹介する。 1992年11月、前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、ガリレオ・ガリレイに対する異端審問は誤りだったと認めた。ガリレオは没後350年にしてようやく名誉を回復し、カトリックは地動説を受け入れた。ヨハネ・パウロ2世曰く「神学者は常に科学の成果に目を向け、神学の解釈と教えを再検討すべし。」 1996年10月、ヨハネ・パウロ2世はダー�... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 09:04

» キリスト教は邪教です! [悪の教典楽天市場店]
 「キリスト教は邪教です!」を読んだ。著者は有名なニーチェ。しかしきわめて平易な文体に翻訳されているため、哲学的な素養が無くともスラスラ読めてしまう。 ニーチェの批判対象はイエスではなく、イエスの教えを歪曲したパウロであり(第三章キリスト教はイエスの教...... [続きを読む]

受信: 2005/07/17 14:35

» マリリン・マンソン VS ニーチェ 第二戦 2003.6.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
というわけで、マリリン・マンソンが ニーチェを読んでいた事を僕は発見したのです。... [続きを読む]

受信: 2005/07/26 21:03

« 『建築プロジェクトレビュー 電通本社ビル』 | トップページ | 『巌窟王コンプリート』 »