« 『クイズ植物入門 一粒のコメは何粒の実りになるか』 | トップページ | 『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』 »

2005/05/07

『建築プロジェクトレビュー 電通本社ビル』

電通本社ビル
大林組 / 早稲田大学建築マイスタースクール研究会企画・監修
建築資料研究社 2,800円(税別) ISBN4-87460-861-2 05.4刊

+内容+
1 プロジェクト全体の流れ
2 プランニング(事業計画)・プログラミング(施設計画)
3 デザイン(設計のコラボレーション)
4 エンジニアリングとコラボレーション(実施設計)
5 コンストラクション(施工)

+関連・リンク+
建築資料研究社
Jean Nouvel

新橋駅から汐留の方に向かうと、見えてくるのが
フランスの建築家、ジャン・ヌーヴェルが手掛けた電通本社ビル。
一見普通のビルのように見えるけれど、
角度によってはダイナミックな鋭角の部分が現れてきます。
何でも、日本刀をイメージしているとか…。
読みたい度55%

|

« 『クイズ植物入門 一粒のコメは何粒の実りになるか』 | トップページ | 『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4023754

この記事へのトラックバック一覧です: 『建築プロジェクトレビュー 電通本社ビル』:

» 「電通」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 電通 」の検索結果で、「Les Livres .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/08 12:30

» 建築家 [『建築家』 建築辞典]
建築家建築家(けんちくか)とは自らの美学的見地で形あるものを設計する人のことである。(参照: 建築)欧米では、建築家は医師・弁護士と共にプロフェッションとして扱われる。建築家が生前に受賞できる最も著名な賞はプリツカー賞 (The Pritzker Architecture Prize)... [続きを読む]

受信: 2005/05/09 17:53

« 『クイズ植物入門 一粒のコメは何粒の実りになるか』 | トップページ | 『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』 »