« 『人物で読む『源氏物語』第2巻 光源氏(1)』 | トップページ | 『(シェイクスピアの)遊びの流儀』 »

2005/05/30

『流線形列車の時代 世界鉄道外史』

流線形列車の時代
小島 英俊著
NTT出版 3,300円(税別) ISBN4-7571-4112-2 05.4刊

+内容+
デザインとしての流線形
流線形前史
幕開け前の舞台裏
流線形ディーゼル動車の華やかなデビュー
蒸気機関車の応戦
大量生産のディーゼル電気機関車の来襲
限られた電化区間の流線形
日本の流線形
幻の流線形
戦争と鉄道
戦後版流線形のデビュー
戦後アメリカの苦悩と流線形
高速鉄道の流線形
日本の戦後の流線形
流線形の情景
流線形の理論

+関連・リンク+
NTT出版

鉄道の、それも流線形に絞った内容というのがユニーク。
「流線形」というのは実際のラインもそうだけれど、
その言葉自体も美しいように感じます。
読みたい度45%

|

« 『人物で読む『源氏物語』第2巻 光源氏(1)』 | トップページ | 『(シェイクスピアの)遊びの流儀』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4334465

この記事へのトラックバック一覧です: 『流線形列車の時代 世界鉄道外史』:

« 『人物で読む『源氏物語』第2巻 光源氏(1)』 | トップページ | 『(シェイクスピアの)遊びの流儀』 »