« 『流線形列車の時代 世界鉄道外史』 | トップページ | 『美男の立身、ブ男の逆襲』 »

2005/05/31

『(シェイクスピアの)遊びの流儀』

講談社 1,600円(税別) ISBN4-06-269258-9 05.5刊

+内容+
序章 遊び心とは
第1章 遊びのすすめ
第2章 遊びは芝居である
第3章 遊びはことばから
第4章 遊びのいたずら
第5章 そこまで遊んでいいのかな

シェイクスピア式遊び心のノウハウ集。クスリとさせられる「遊び心」充填中!心とからだがほぐれる会話のツボ満載。
小田島雄志(おだしま・ゆうし)
英文学者、演劇評論家。東京大学名誉教授、文京学院大学客員教授、東京芸術劇場館長などを務める。

+関連・リンク+
講談社
シェイクスピアの森

わが敬愛する小田島雄志センセイの著書!
時々コメンテーターとしてテレビにも出演されてます。
駄洒落がお好きなようで、
産経新聞に連載されていた演劇コラムの
無理矢理な駄洒落を楽しく拝見していました。
舞台を観に行くと、よくお姿を見かけることがあります。
以前は失礼ながら話し掛けてサインをいただいたことも。
センセイの訳されたシェイクスピア全集は自分にとってのバイブルです!
読みたい度65%

|

« 『流線形列車の時代 世界鉄道外史』 | トップページ | 『美男の立身、ブ男の逆襲』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4348510

この記事へのトラックバック一覧です: 『(シェイクスピアの)遊びの流儀』:

« 『流線形列車の時代 世界鉄道外史』 | トップページ | 『美男の立身、ブ男の逆襲』 »