« 『英国人写真家の見た明治日本 この世の楽園・日本』 | トップページ | 『谷口吉生のミュージアム ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展』 »

2005/05/20

『寂しい人・曲亭馬琴』

鳥影社 1,500円(税別) ISBN4-88629-908-3 05.4刊

+内容+
1 寂しい人
2 宗伯
3 友人崋山
4 読本作者
5 太郎

『南総里見八犬伝』『椿説弓張月』などで知られる、江戸の大流行作家の生涯。当時の出版事情、病弱な息子とその孫への愛情、晩年の失明をおしての活動など、書簡をもとにその素顔を追う。

+関連・リンク+
鳥影社
白龍亭
よろめき亭

馬琴の『南総里見八犬伝』は好きな物語の一つです。
関連作品も色々出ているようですが、
面白かったのは山田風太郎の『八犬伝』。
馬琴が創作する八犬士の虚の世界と
北斎のやり取りが印象的な馬琴の暮らしを描いた実の世界が綯い交ぜになり
とてもユニークなストーリーになっています。
読みたい度70%

|

« 『英国人写真家の見た明治日本 この世の楽園・日本』 | トップページ | 『谷口吉生のミュージアム ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4209953

この記事へのトラックバック一覧です: 『寂しい人・曲亭馬琴』:

« 『英国人写真家の見た明治日本 この世の楽園・日本』 | トップページ | 『谷口吉生のミュージアム ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展』 »