« 『エレガンスの継承者たち』 | トップページ | 『少年愛の美学 稲垣足穂コレクション5』 »

2005/05/17

『澁澤龍彦初期小説集』

河出書房新社 750円(税別) ISBN4-309-40743-9 05.5刊

+内容+
エピクロスの肋骨
   撲滅の賦
   エピクロスの肋骨
   錬金術的コント
犬狼都市(キュノポリス)
   犬狼都市
   陽物神譚
   マドンナの真珠
   あとがき(文庫版)
人形塚 他
   サド侯爵の幻想
   哲学小説・エロティック革命―二十一世紀の架空日記
   人形塚

ガラスの金魚鉢に見つめられ、妄想を駆り立ててゆく男の心理を追う「撲滅の賦」、狼の子を宿す女の幻想を描いた「犬狼都市」のほか、両性具有の王と彫刻師が織りなす古代ギリシャ奇譚「陽物神譚」、彷徨する幽霊船上でのドラマ「マドンナの真珠」、著者唯一の推理小説ともいわれる「人形塚」など9編を収録。読む者を迷宮世界に引き込む魅惑の初期幻想小説集。
澁澤龍彦(しぶさわ・たつひこ)
1928年東京に生まれる。本名龍雄。東大仏文科卒業後、マルキ・ド・サドの著作を日本に紹介するかたわら、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを発表。晩年は小説に独自の世界を拓いて、広く読まれた。1987年没。

+関連・リンク+
河出書房新社
Dracomania

澁澤龍彦の小説は面白くない、という話をよく聞きます。
自分も、エッセイでは持ち味が十二分に生かされる澁澤の博識が、
小説では逆に知識が勝ちすぎてつまらなくなってしまうのか…と感じていました。
しかし、『高丘親王航海記』を何度か読んでいるうちに、じわじわと面白味が。
短編集としてまとまった形で読むことができるのが、ちょっと良いかも。
読みたい度100%

|

« 『エレガンスの継承者たち』 | トップページ | 『少年愛の美学 稲垣足穂コレクション5』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4160837

この記事へのトラックバック一覧です: 『澁澤龍彦初期小説集』:

» トイレ考 やはり芥川龍之介はすごい 2003.6.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
注:お食事中の方はすいません。   トイレの話です。食事が済んで   一息ついて... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 03:57

« 『エレガンスの継承者たち』 | トップページ | 『少年愛の美学 稲垣足穂コレクション5』 »