« 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 | トップページ | 『吉田都 終わりのない旅。』 »

2005/06/18

『ぼくたちのスター・ウォーズ』

ぼくたちのスター・ウォーズ
リトルファルコン著
二見書房 1,524円(税別) ISBN4-576-05077-X 05.6刊

+内容+
第1章 新たなる伝説スター・ウォーズ旧3部作の熱狂(1977~1989)
       『日本のスター・ウォーズ史』座談会―前編 1977~1989
       日本におけるスター・ウォーズ現象とリトルファルコン年表〈他〉
第2章 帝国の衰退スター・ウォーズ冬の時代1990~1995
       もうひとつの『スター・ウォーズ/日本語版』
       プラモデルの歴史と作り方のコツ〈他〉
第3章 伝説の帰還スター・ウォーズ特別篇~第3部作で開かれた世界1996~2005
       『日本のスター・ウォーズ史』座談会―後編 1996~2005
       大型フィルムからデジタルへの進化〈他〉
第4章 ぼくたちのスター・ウォーズ徹底研究
       最先端技術で常に進化する映画―『スター・ウォーズ』比較鑑賞
       『ジェダイの復讐』から『ジェダイの帰還』へ〈他〉
第5章 キミは納得できるか?エピソード3緊急レポート
       R2‐D2の記憶問題の謎に迫る
       ダゴバにまつわるいくつかの謎〈他〉


日本最強のSWファンクラブ「リトルファルコン」がSWのサーガの魅力を徹底解説!『エピソード3』で物語は完結するのか。

+関連・リンク+
二見書房
STAR WARS Japan


『スター・ウォーズ』を意識したのは
旧3部作の最後『ジェダイの復讐』(『ジェダイの帰還』)からかな。
気軽に映画を観に行くという年齢でもなかったので
3部作は本で読んでました。
その後、特別編を劇場に観に行ったりして。
なので、『スター・ウォーズ』が全部で9作からなるということは
『エピソード1』が制作される前から良く知ってました。
で、新3部作…CG技術の発達で驚くべき映像の数々。
ちょっと画面がゴチャゴチャしてる気もしないでもないけれど。
旧3部作では分からなかった色々な謎解きがされて楽しい!
ただ、ジェダイの騎士は物凄く精神的に修養を積んだ立派な人達だと思っていたら、
『エピソード2』ではドンドコ戦ってバタバタやられたりして、ちょっとガッカリ(笑)
やはり旧3部作の方が味わいがあって良いかな…。
とか言いながら『エピソード3』は必ず観る予定。
ちなみに、自分の好きなキャラはC-3PO!
あ、それから、ドラマが制作されるらしいですね。
読みたい度60%


|

« 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 | トップページ | 『吉田都 終わりのない旅。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4611895

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくたちのスター・ウォーズ』:

« 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 | トップページ | 『吉田都 終わりのない旅。』 »