« 『吉田都 終わりのない旅。』 | トップページ | 『風々院風々風々居士―山田風太郎に聞く』 »

2005/06/20

『食の器の事典』

食の器の事典
荻野 文彦編著
柴田書店 3,000円(税別) ISBN4-388-35317-5 05.6刊

+内容+
ふだんよく使っている食器や調理道具の名称や機能は意外に知られていない。外国製品の中には一つ揃えておくと料理のレパートリーをグンと増やせるものもある。本書では、テーブル、厨房の道具880アイテムを選びだし、その呼び名、サイズに始まって、なぜそんな形をしているのか、どう揃え、保管すればよいかについて、イラスト550点と共にやさしく解説した。
荻野文彦(おぎの・ふみひこ)
(株)ノリタケカンパニーリミテッド、デザイン部勤務。岡山県立大学セラミックデザイン科非常勤講師。岐阜県産業文化振興事業団オリベ想創塾勤務。
井上暁子(いのうえ・あきこ)
美術史家(ガラス工芸史)。東海大学大学院非常勤講師。
新飯田正志(にいだ・まさし)
三宝産業株式会社デザイン室勤務

+関連・リンク+
柴田書店

一人暮らしを始めてから、食器、調理器具にも興味を持ち始め、
デパートの食器売り場なども良くブラブラしています。
デザインの良い食器や調理器具など、実際に買うことはあまりないけれど、
良いなーと思いながら見ていたり。
ちなみに自分が買った食器はどれもホワイト。
飽きのこないシンプルなのが好きです。
読みたい度60%

|

« 『吉田都 終わりのない旅。』 | トップページ | 『風々院風々風々居士―山田風太郎に聞く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4639458

この記事へのトラックバック一覧です: 『食の器の事典』:

« 『吉田都 終わりのない旅。』 | トップページ | 『風々院風々風々居士―山田風太郎に聞く』 »