« 『火の鳥 公式ガイドブック―悠久の時に刻まれる生命の謎と真実』 | トップページ | 『文楽ざんまい』 »

2005/06/03

『江戸東京伝説散歩』

青蛙房 1,800円(税別) ISBN4-7905-0445-X 05.5刊

+内容+
1番 天下をゆるがす大事件を歩く
      皇居・丸の内,八重洲・日本橋,兜町〈他〉
2番 妖怪変化 七不思議を歩く
      両国,錦糸町・亀戸,麻布・六本木
3番 色と欲 怨念犯科帳を歩く
      新宿,四谷・信濃町,南千住・三ノ輪,吉原・樋口一葉,浅草

天下をゆるがす大事件の現場、妖怪変化七不思議の現場、色と欲の怨念犯科帳の現場。伝説の現場「東京」を怖いもの見たさに歩いてみる。
岡崎柾男(おかざき・まさお)
劇作家・演出家。東洋音楽学会・日本演出者協会会員、日本人形玩具学会委員。中国木偶皮影芸術学会名誉会員(在中国)。(財)すぎのこ文化振興財団理事。NHK文化センター講師。作品は中国語、韓国語、ロシア語、ベトナム語に訳されている。

+関連・リンク+
青蛙房

普段何気なく歩いている東京の街が、過去にコワイ事件の現場になっていた、
なんて考えると、見慣れた街並みも違った感じがしたりして。
知識として知っておくと楽しいかも。
読みたい度70%

|

« 『火の鳥 公式ガイドブック―悠久の時に刻まれる生命の謎と真実』 | トップページ | 『文楽ざんまい』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4387431

この記事へのトラックバック一覧です: 『江戸東京伝説散歩』:

« 『火の鳥 公式ガイドブック―悠久の時に刻まれる生命の謎と真実』 | トップページ | 『文楽ざんまい』 »