« 『睡眠リズムと体内時計のはなし』 | トップページ | 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 »

2005/06/16

『ブッダと結婚』

ブッダと結婚
衛 慧著 / 泉 京鹿訳
講談社 1,800円(税別) ISBN4-06-212770-9 05.5刊

上海とNYを舞台に中国の女性作家ココが日本人男性と交わすセックスと愛。その果てにココが見つけた答えとは。
衛慧(うぇい・ふぇい)
1973年、中国の浙江省生まれ。8歳から11歳まで寺院で育つ。90年に中国の名門・復旦大学中国文学部に入学。95年に大学を卒業後、新聞社や雑誌社に就職するが、すぐに辞め、テレビの司会、外資系広告会社のコピーライター、ウエイトレスなどの職を転々としながら本格的な作家活動に入る。95年に最初の小説『夢無痕』を発表

+関連・リンク+
講談社

アジアの作家の作品は、あまり読む機会がありません。
情報もなかなか入らないのですが、かなり以前、たまたま仕事で
衛慧の『上海宝貝』が過激な性描写で発禁処分になったというニュースを知り…
その後、『上海ベイビー』のタイトルで日本語訳されたのを読みました。
発禁になるほどの過激さは感じなかったけれど(お国柄の違いでしょうね。)
日本の作品よりも、よりグローバルな視点を持っているような印象。
変わりゆく中国を内から発信しているような、そんな面白さもあったりして。
相変わらず路線は同じみたいですが、この作品はどうなんだろう?
読みたい度65%

|

« 『睡眠リズムと体内時計のはなし』 | トップページ | 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4583559

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブッダと結婚』:

« 『睡眠リズムと体内時計のはなし』 | トップページ | 『作曲家・人と作品 チャイコフスキー』 »