« 『ヴィクトリアン・サーヴァント 階下の世界』 | トップページ | 『わっ、ゴキブリだ!』 »

2005/06/12

『「この字いいね」と言われる字が書けるようになる本』

幻冬舎 1,200円(税別) ISBN4-344-00781-6 05.5刊

+内容+
1 手書き文字のちから
2 「自分の字」とコンプレックス
3 進藤式「自分の字」コンプレックス解消法
4 「速書き」と「横書き」
5 好きな人の書を真似てみる
6 自分だけのメモもいい字で
7 「自分の字」の再発見

進藤康太郎(しんどう・こうたろう)
楽しみの書の会会長。『日経マスターズ』表紙の書なども手がける。

+関連・リンク+
幻冬舎

字が上手いという訳ではなくても、読みやすい字、人柄の表れている字、
そういう字にあこがれます。
自分が書く手紙などは、きれいに書こうとしながら逆にきれいにならず…
ということが多い。
気取らずさらさらと普段の文字を書いているようでいて、きれいに見える人が羨ましい。
「自分の字」に対するコンプレックスですね。
読みたい度80%

|

« 『ヴィクトリアン・サーヴァント 階下の世界』 | トップページ | 『わっ、ゴキブリだ!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4517701

この記事へのトラックバック一覧です: 『「この字いいね」と言われる字が書けるようになる本』:

« 『ヴィクトリアン・サーヴァント 階下の世界』 | トップページ | 『わっ、ゴキブリだ!』 »