« 『物語 大英博物館―二五〇年の軌跡』 | トップページ | 『北欧素顔のデザイナーに出会う旅』 »

2005/07/16

『81-1』

81-1
夏木 マリ
講談社 1,500円(税別) ISBN4-06-212980-9 05.6刊

+内容+
イントロ―ポテンシャル
ファーストドリーム
強運
コンプレックス
自己愛
ブス
伝える
アクション
ニューヨーク
ベジャールの映画〈他〉

様子のいい男の子がザクザクと育ち、カッコいい男前になってほしい。私のためではなく、日本のために!夢、仕事、生活、ファッション、食事、趣味、肉体など、多岐にわたり、「男が輝く条件」を夏木マリが全女性に代わり挙げてみた。
夏木マリ(なつき・まり)
プレイヤー。1973年「絹の靴下」でデビュー。80年代より演劇へも活動の幅を広げ、93年から続くシアターワーク「印象派」は、国内外で高い評判を得ている。また、ワークショップを主宰し、後輩の育成にも力を注いでいる。その妥協を許さない「一流」で「高貴」な生活スタイルは、全世代の女性たちの憧れに。小西康陽プロデュースのアルバム最新作は、四作品目となる『戦争は終わった』

+関連・リンク+
講談社
夏木マリ


昨年9月のREADYMADE FESTIVALでお姿拝見しました。
若者に絶大な人気でした。
歌うお姿がスゴク大人の女性でした~
あと、そういえばロケ風景も目撃したことが。
米倉涼子主演のTVドラマ『奥様は魔女』のロケ。
見物していたおばさんが「外人さんかしら」って言ってたのが
夏木マリ様でした。
くっきりはっきりメイクがカッコ良かった!
読みたい度50%

|

« 『物語 大英博物館―二五〇年の軌跡』 | トップページ | 『北欧素顔のデザイナーに出会う旅』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/4997932

この記事へのトラックバック一覧です: 『81-1』:

« 『物語 大英博物館―二五〇年の軌跡』 | トップページ | 『北欧素顔のデザイナーに出会う旅』 »