« 『日本滝名鑑4000』 | トップページ | 『カニバリズムの系譜 なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。』 »

2005/07/24

『京都、唐紙屋長右衛門の手仕事』

日本放送出版協会 680円(税別) ISBN4-14-088151-8 05.7刊

+内容+
序 唐紙の「雲母」に映る「日本」と「世界」
第1章 つくり手の目線、ものづくりの原点
       「手加減」が「良い加減」
       江戸時代から伝わる板木と文様
       唐紙の色、唐長の色
       唐紙の色は暮らしのなかから
第2章 唐紙の歴史と伝統
       千年の時を超えて
       唐紙屋長右衛門の創業
       文化財に息づく唐紙
       海を渡った唐紙
第3章 「しつらい」としての唐紙
       唐紙と明かり
       唐紙の似合う空間〈他〉
第4章 唐長今昔
       先代からの言い伝え
       京都で一軒だけ残った唐紙屋
       誰にも頼れなかった駆け出し時代
       唐紙の面白さに目覚める
       変わるべきもの、守るべきもの
       手仕事の未来

桂離宮、御所、二条城などの襖にも用いられ、岡部伊都子、白洲正子、大仏次郎ら文化人も愛した唐長の唐紙。江戸時代から受け継がれた板木文様と、熟練した職人の手加減によってつくりだされる独特の色彩は、古今東西で愛され、いまも新鮮な輝きを放つ。文化財の修復から現代住宅のインテリアまで手がける十一代当主が、その美感覚とものづくりの秘密をはじめて解き明かす。
千田堅吉(せんだ・けんきち)
唐紙屋長右衛門(唐長)十一代当主。1942年、京都府生まれ。五年間の商社勤務を経て唐長で六年間修業したのち家業を継ぎ、現在に至る。江戸時代から守る板木は六百種類以上。桂離宮、二条城などの修復にも従事した。94年、日本伝統文化振興賞受賞。99年、国選定保存技術者に認定される。その唐紙は国内外で高い評価を受けている。

+関連・リンク+
NHK出版
唐長

美術的にも実用的にも優れている日本の伝統的な“紙”にとても興味があります。
特に買い物の目的が無くても、銀座に出ると鳩居堂をのぞいてみたりして。
唐紙と聞いても今ひとつ馴染みが薄い感じですが、
唐長ではカードやレターセットなども販売されている様子。気になります。
読みたい度60%

|

« 『日本滝名鑑4000』 | トップページ | 『カニバリズムの系譜 なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5136483

この記事へのトラックバック一覧です: 『京都、唐紙屋長右衛門の手仕事』:

« 『日本滝名鑑4000』 | トップページ | 『カニバリズムの系譜 なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。』 »