« 『現代京ことば訳 源氏物語〔1〕桐壷‐明石』 | トップページ | 『こねて、もんで、食べる日々』 »

2005/07/21

『魑魅魍魎の世界 江戸の劇画・妖怪浮世絵』

里文出版 1,900円(税別) ISBN4-89806-232-6 05.7刊

+内容+
第1章 冒険ロマン・妖怪とヒーロー
第2章 ブラック・ユーモア・幽霊と妖術芝居
第3章 『平家物語』に登場する怨霊たち
第4章 血みどろのバイオレンス・殺しの美学
第5章 嗜虐趣味・サディズム
第6章 裸身に咲くアダ花・刺青
第7章 百鬼夜行・地獄極楽・寓意の狂画

中右瑛(なえう・えい)
抽象画家・行動美術協会会員。浮世絵と夢二のコレクター・エッセイスト。国際浮世絵学会常任理事。竹久夢二文学館・神戸文庫代表。

+関連・リンク+
里文出版

浮世絵といえば一般的なのは風景か役者絵という感じ。
現代の規範から外れたところにある
江戸時代の魑魅魍魎の世界、かなり面白そうです。
読みたい度60%

|

« 『現代京ことば訳 源氏物語〔1〕桐壷‐明石』 | トップページ | 『こねて、もんで、食べる日々』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5081964

この記事へのトラックバック一覧です: 『魑魅魍魎の世界 江戸の劇画・妖怪浮世絵』:

« 『現代京ことば訳 源氏物語〔1〕桐壷‐明石』 | トップページ | 『こねて、もんで、食べる日々』 »