« 『京都、唐紙屋長右衛門の手仕事』 | トップページ | 『召使いたちの大英帝国』 »

2005/07/25

『カニバリズムの系譜 なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。』

メタ・ブレーン 1,500円(税別) ISBN4-944098-68-5 05.7刊

+内容+
1 北朝鮮―人肉が流通するという国
2 アメリカ―ハンバーガーの国?
3 日本―え、まさか日本でも?
4 中国・台湾―美味探求の本場
5 ヨーロッパ―歴史ある国
6 分類不能な人喰い

禁忌の話題にふれる問題作。古今東西の「人肉鬼」「人喰い事件」の背景を読み解き、現代に潜む問題に迫る。

+関連・リンク+
メタ・ブレーン

カニバリズム(食人行為)について、特別興味があるわけではないけれど、
心理的な面や、文化人類学の面から知識として知っておくと面白いかなと思います。
読みたい度50%

|

« 『京都、唐紙屋長右衛門の手仕事』 | トップページ | 『召使いたちの大英帝国』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5151260

この記事へのトラックバック一覧です: 『カニバリズムの系譜 なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。』:

» ハゲタカと腸の関係 [正しい人の喰い方マニュアル]
アマゾンに新しい感想を一つ頂きました。 確かに女性が書くホラーというのは少ないかもしれません。 本日有林堂横浜店の新刊の棚にも本を発見しました ホラー・アンダーグラウンドの棚、あと三階にも置いて頂いて居るようです ジュンク堂の在庫もあと七冊。 紀伊国屋は在庫補... [続きを読む]

受信: 2005/07/31 22:44

« 『京都、唐紙屋長右衛門の手仕事』 | トップページ | 『召使いたちの大英帝国』 »