« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

『ピエトロのパスタ』

パルコ 1,300円(税別) ISBN4-89194-720-9 05.8刊

+内容+
定番スパゲティ
アンティパスト&サラダ
ドリア&リゾット
素材とソースの組み合わせ
温製 シェフのこだわりのスパゲティ
冷製 シェフのこだわりスパゲティ
スウィーツ
スパゲティの茹で方

圧倒的な人気を誇る、「なすとひき肉の辛味スパゲティ」や素材とソースを組み合わせるスパゲティの数々。落ち込んでいる時でも思わず平らげてしまう、「絶望スパゲティ」。ピエトロ発ですっかり日本の定番になった、「サラダスパゲティ」。そして、アンティパスト、サラダ、ドリア、リゾットのレシピも紹介。

+関連・リンク+
PARCO出版
ピエトロ

ピエトロのドレッシング、ちょっと値段が高いけれど、すごく好きです。
そういえばピエトロで食べた時に出てきたサラダ、
これでもかとドレッシングがかかっていた記憶が…
自慢なのは分かるけど、かけ過ぎじゃないか~とか思いました。
読みたい度60%

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/30

『小さな王子さま』

小さな王子さま
サン=テグジュペリ〔著〕 / 山崎/庸一郎訳
みずす書房 2,000円(税別) ISBN4-622-07158-4 05.8刊

+内容+
「心で見なくちゃよく見えない。大切なことは目には見えないんだよ」「きみのバラをそんなにも大切なものにしたのは、きみがきみのバラのためにかけた時間だ」「きみは自分が飼いならしたものに永遠に責任を負うことになる」―サン=テグジュペリの小説世界を品格ある日本語で届けてきた山崎庸一郎による翻訳に、物語にかくされた秘密を読み解くヒントを、図版入りの註として付した。
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ〔Antoine de Saint‐Exup´ery〕
1900年フランスのリヨンに生まれる。大学入学資格取得後、1921年兵役に服して空軍に入り、翌年、予備少尉に任官・1926年ラテコエール航空会社に入り、ジャン・メルモーズ、アンリ・ギヨメなどと共に、フランス民間航空の開拓者の一人として、不朽の名をとどめる。1932年以後はテスト・パイロット、ジャーナリストとして活躍。1939年、第二次世界大戦勃発とともに予備大尉として召集され、偵察飛行に従事。休戦後は一時アメリカに亡命したが、1943年、北アフリカで再編された原隊に復帰。1944年7月、フランス本土偵察のためコルシカ島ボルゴ基地から出撃後、未帰還となった。作品に『南方郵便機』(1929)『夜間飛行』(1931、フェミナ賞)『人間の大地』(1939、アカデミー小説大賞)『戦う操縦士』(1942)『ある人質への手紙』(1943)などがあり、1948年には未完の大作『城砦』が刊行された。

+関連・リンク+
星の王子さまファンクラブ
星の王子さま総覧

日本での『星の王子さま』の著作権が切れたため、
岩波書店が持っていた翻訳権も消滅。
今後は様々な訳書が出版されていく様子です。
日本では『星の王子さま』のタイトルですっかり御馴染みですが、
原作の直訳は『小さい王子』。
岩波は他の訳書が『星の~』というタイトルを使用することに反発しているとか。
見慣れた絵で、タイトルが『小さい~』というのは、何だか少し不思議な気がします。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29

『世界の葉巻ブランド大図鑑 コイーバ・ダビドフから知られざる銘品まで完全網羅』

日東書院 1,200円(税別) ISBN4-528-01358-4 05.8刊

+内容+
made in CUBA
made in DOMINICA
made in HONDURAS
made in NICARAGUA
made in PHILIPPINES
made in VENEZUELA

+関連・リンク+
日東書院
Cigar in Tokyo

大学時代、友人のお土産で葉巻を貰ったことがありました。
物珍しさもあり、1本だけでも結構楽しむことができたりして。
雰囲気は良いけれど、似合うという感じになるには、やはり年齢を重ねないと…
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27

『古代エジプト文化とヒエログリフ』

古代エジプト文化とヒエログリフ
ブリジット・マクダーモット著 / 近藤二郎日本語版監修 / 竹田悦子訳
産調出版 2,800円(税別) ISBN4-88282-449-3 05.8刊

+内容+
第1章 はじめの一歩
       発見と解読
       文字による遺産
       ヒエログリフの仕組み
第2章 象形文字の由来
       自然を表わす文字
       地上の暮らし
第3章 聖なる筆記の技
       呪術とのかかわり
       美術工芸品の文字を読む
       名前のもつ力
第4章 多様な意味世界
       健康な暮らし
       人間関係
       職業と技能
       武器と戦争
       エジプトとその周辺
       計算と測量
       天上の世界
第5章 参考
       ヒエログリフの文法
       文例集

ヒエログリフを通じて古代エジプト文化に対する洞察力を得るための格好のガイドブック。新装普及版。
ブリジット・マクダーモット〔Bridget Mcdermott〕
リバプール大学にて、エジプト象形文字とコプト語を学ぶ。マンチェスター大学大学院でエジプトの軍隊について研究し、Ph.D.取得。エジプト史の多様な側面について講演を行い、フリーのメディアコンサルタント兼考古美術研究家として活躍。

+関連・リンク+
産調出版
Egyptian Hieroglyph Room
古代エジプト文字の紹介
ヒエログリフのABC
古代エジプト語を学ぼう

社会科の教科書などにちょこっと掲載されていた
ヒエログリフの読み方など、結構好きでした。
色々読むことができたら楽しいかも。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

『カイアシ類学入門 水中の小さな巨人たちの世界』

カイアシ類学入門
長沢和也編著
東海大学出版会 3,200円(税別) ISBN4-486-01673-4 05.9刊

+内容+
1部 カイアシ類の基礎知識
      浮遊性カイアシ類とは
      寄生性カイアシ類の豆知識〈他〉
2部 海洋プランクトンとしてのカイアシ類
      カイアシ類はグルメで大食い―餌としての植物プランクトンの意外な関係
      親湖域でカイアシ類の生活史を明らかにする〈他〉
3部 淡水・汽水プランクトンとしてのカイアシ類
      淡水カイアシ類相を解き明かす
      果報は眠って待て?!カイアシ類の休眠戦略〈他〉
4部 ベントスとしてのカイアシ類
      海底でソコミジンコ類はどのように分布しているのか
      私のソコミンジコ類研究遍歴〈他〉
5部 寄生生物や宿主としてのカイアシ類
      褐藻アミジグサ類に寄生するソコミジンコ類
      日本に侵入したムラサキイガイの起源を寄生虫から探る〈他〉

カイアシ類の多様性や生態を紹介する。わが国初のカイアシ類学入門テキスト。
長沢和也(ながさわ・かずや)
農学博士。広島大学大学院生物圏科学研究科教授(生物資源開発学)。専門は水産資源増殖学、水族寄生虫学。

+関連・リンク+
東海大学出版会

学生時代、ちょこっとプランクトンを調べていたことがありました。
ケンミジンコなどのカイアシ類、可愛いヤツです。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

『どうして色は見えるのか 色彩の科学と色覚』

どうして色は見えるのか
池田光男著 / 芦沢昌子著
平凡社 1,300円(税別) ISBN4-582-76546-7 05.8刊

+内容+
第1章 色の活用
       刀の出来も色しだい
       政治の中の色
       農業の中の色〈他〉
第2章 色の見え方十箇条
       色の見え方は微細的
       色の見え方は三方性
       色の見え方は三色性〈他〉
第3章 色を見る仕組み
       網膜に外界の像を作る
       錐体と桿体
       反対色応答〈他〉

世界は光に満ちていて、それを人間は、多彩な色として見ることができる。社会や生活のなかでの色のさまざま、色の見え方の変化と多様性、色を見る目の仕組みなど、色についての不思議と謎を解き、常識をもくつがえす、読んで楽しい科学の本。
池田光男(いけだ・みつお)
立命館大学客員教授。前国際色彩学会会長。専攻:視環境工学、色彩学。
芦沢昌子(あしざわ・しょうこ)
青葉学園短期大学教授。専攻:色彩学、被服構成学。

+関連・リンク+
平凡社

色の色々な話。
「見る」ことが好きな自分にとってはすごく興味深い内容です。
読みたい度70%

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/24

『絵巻で読む中世』

絵巻で読む中世
五味文彦著
筑摩書房 950円(税別) ISBN4-480-08933-0 05.8刊

+内容+
1 絵巻を探る―『鳥獣人物戯画』
2 王権と庶民―『年中行事絵巻』
3 絵巻の訴え―『伴大納言絵巻』
4 謎の人物を探る―『伴大納言絵巻』
5 ことばと絵―『伴大納言絵巻』
6 聖の奇跡と王権―『信貴山縁起絵巻』
7 聖と信仰―『信貴山縁起絵巻』
8 女と家と―『信貴山縁起絵巻』
9 絵巻の話法

兎、蛙、猿などの動物が人間くさい姿で活躍する『鳥獣人物戯画』、火事と群衆、庶民の姿を活写した『伴大納言絵巻』、徳の高い聖の奇跡を躍動的に描く『信貴山縁起絵巻』など院政期の代表的な絵巻を読み解き、王権、信仰、訴訟、罪と罰、女性の生き方など、中世の時代像を生き生きと描き出す。
五味文彦(ごみ・ふみひこ)
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。日本中世史専攻。絵画を含むさまざまな史料の多面的な分析から、中世社会・文化の生き生きとした姿を現代に再現する精力的な研究を展開、『明月記』の精読研究でも知られる。

+関連・リンク+
筑摩書房

説話とか絵巻とか、昔から好きでした。
説話は図書館などで読めるけれど、
絵巻はなかなか目に触れることが無かったり。
面白い話が満載だったりします。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

『日本映画はアメリカでどう観られてきたか』

平凡社 720円(税別) ISBN4-582-85285-8 05.8刊

+内容+
第1章 「日本映画」の登場
       事件としての『羅生門』
       安定していく日本映画の「居場所」
第2章 黒沢、溝口と作家主義批評
       偉大なる「日本映画」
       映画研究の誕生と日本映画
       近代化論のなかの日本、そして日本映画
第3章 西洋を揺るがす日本
       大島渚という騒乱
       小津安二郎はいかに愛されたか
第4章 似たもの同士?異国の神秘?
       伊丹十三のスノビズム
       羨望と不安のまなざし
       日本アニメの嵐

一九五二年にアメリカで公開された『羅生門』は衝撃をもって迎えられたが、その評価の内実は意外と知られていない。黒沢明から溝口健二、小津安二郎、大島渚、伊丹十三、宮崎駿まで、戦後の日本映画がアメリカで「いかに受容されたか」を豊富な資料を基に分析する。映画を通して浮かびあがる、異色の「戦後日米文化交流史」。
北野圭介(きたの・けいすけ)
新潟大学人文学部助教授(国際文化関係論)。

+関連・リンク+
平凡社
日本映画データベース
日のあたらない邦画劇場

日本映画をちょっと変わった視点で捉えるというのがユニークな感じ。
日本人があまり知らない日本が見えてくるかも。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

『京都で「建築」に出会う 見るおもしろさ、知る楽しみ』

彰国社 1,905円(税別) ISBN4-395-00662-0 05.8刊

+内容+
1章 数奇屋の名品
2章 桂離宮と修学院離宮
3章 京の茶室
4章 大徳寺の茶室
5章 建築と庭園
6章 建築と障壁画
7章 京都御所と仙洞御所
8章 二条城
9章 京の現代建築

建築のどこに目を向けるのか。建築の優れた意匠、そこにある歴史背景を知ることによって、「建築」のおもしろさ、楽しさを感じることができる。この本は単なる建築案内書ではなく、京都の建築を例にして語った、建築を「楽しむ」ための案内書である。

+関連・リンク+
彰国社

歴史と建築を結びつける場合、
やはり京都は絶好の教科書という感じでしょうか。
観光といっても色々見る部分はあるわけで、
「建築」という切り口で、見慣れた場所も新たな味わいが出てくるかも!
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

『写真で見る 東京の激変』

写真で見る東京の激変
大竹静市郎写真・解説
世界文化社 1,800円(税別) ISBN4-418-05218-6 05.8刊

+内容+
第1章 銀座・有楽町
       和光(旧服部時計店)ビルと三越銀座店(1959(昭和34)年)
       和光ビルと三越銀座店(2000(平成12)年)〈他〉
第2章 新宿
       新宿二幸(現アルタ)前(1959(昭和34)年)
       新宿アルタ前(2000(平成12)年)〈他〉
第3章 渋谷・原宿
       渋谷駅ハチ公像付近(1958(昭和33)年)
       渋谷駅ハチ公像付近の現況(2000(平成12)年)〈他〉
第4章 池袋・上野・浅草
       池袋のデパート(1958(昭和33)年)
       池袋のデパート(2000(平成12)年)〈他〉
第5章 四谷・永田町・東中野
       ご成婚パレード(四谷見附)(1959(昭和34)年)
       四谷見附(2001(平成13)年)〈他〉

銀座・新宿・渋谷・池袋・上野・浅草…昭和30年代半ばと現在の東京の変容を写真で振り返る。川本三郎氏の書き下ろしエッセイを収録。
大竹静市郎(おおたけ・せいいちろう)
(株)主婦と生活社、GEN(株)を経て、(株)ホーム企画を設立。多くの建築家の作品を建築専門誌に紹介するなど、写真家として活躍している。

+関連・リンク+
世界文化社

昔の街並の写真、風景写真などに興味があります。
過去と現在の対比がとても面白い!
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/19

『弥勒 稲垣足穂コレクション8』

稲垣足穂コレクション 8
稲垣足穂著 / 萩原幸子編
筑摩書房 1,050円(税別) ISBN4-480-42033-9 05.8刊

+内容+

愚かなる母の記
地球
弥勒
底なしの寝床
木魚庵始末書
方南の人
横寺日記
白昼見
死の館にて

「目指す人間とは何であるか?それはこの自分自身である。固有の色合いがある、振動的な、即ち生きている、真鍮の砲弾や花火仕掛の海戦に心を惹かれている自己自身である」(「弥勒」)。昭和七年明石に帰省した足穂は、昭和十一年末に最後の上京をして牛込横寺町に住む。酒精に耽溺する身辺無一物の果てに辿りついた自己救済の夢を描く「弥勒」の他、三十代から四十代はじめまでの時期を扱った自伝的作品九篇。全巻完結。
稲垣足穂(いながき・たるほ)
(1900‐77年)。小説家。大阪の船場に生れる。幼い頃兵庫県の明石に転じ、神戸界隈で育つ。関西学院普通部卒業後、上京。佐藤春夫の知己を得て「チョコレット」「星を造る人」を発表。イナガキ・タルホの名前で出版した『一千一秒物語』により注目される。宇宙的郷愁と機械的ファンタジーにみちた独特の作風による作品を書きつづけた。1969年『少年愛の美学』で第一回日本文学大賞を受賞。

+関連・リンク+
筑摩書房
一千一秒物語

これまで河出書房新社の文庫で読んでいた足穂の作品。
入手できなかったものが筑摩書店から次々に出ています。
できれば一つのシリーズとして集めたいところだけれど…
やはりちくま文庫に乗り換えようかな。少々悩むところ。
読みたい度95%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

『呪いの博物誌 異端邪術の世界』

呪いの博物誌
藤巻一保著
学習研究社 1,900円(税別) ISBN4-05-402079-8 05.8刊

+内容+
第1章 愛執の呪詛
第2章 禁断の魔薬
第3章 異端の蠱物
第4章 笑呪の禁厭
第5章 妖魔の邪術
第6章 鎮魂の秘呪

丑の刻参りから人体秘薬の作製法まで、古今の文献を博捜してグロテスクな呪術を渉猟する究極のデモノロジー百科。
藤巻一保(ふじまき・かずほ)
作家・宗教研究家。神道・仏教・道教などの東洋思想から西洋の秘教まで、宗教における神秘主義をテーマに幅広い執筆活動を行う。

+関連・リンク+
学習研究社

子どもの頃、遊んでいた空き地に藁人形が落ちていたのを覚えています…。
風で飛ばされたか何かで、数日間あちらこちらと移動していました。
「藁人形が夜歩く」と、面白がっていたような記憶が。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

『大人の塗り絵 花鳥風月編』

大人の塗り絵 花鳥風月編
葛飾北斎〔画〕 / 河出書房新社編集部編
河出書房新社 950円(税別) ISBN4-309-26846-3 05.8刊

+内容+
美しい名画の世界を、自分の好きなように塗って楽しむことができます。塗り絵は色を選んだり指先を使うので、脳の活性化にもとても効果的です。仕上がった絵を飾ったり、家族や友人と一緒に塗ったり…手軽に美しい絵が仕上がる名画の塗り絵は、これからの大人の趣味にピッタリです。本書では、葛飾北斎の版画から人気の高い花鳥図や風景画を11点収録しています。

+関連・リンク+
河出書房新社

ヒマ潰しにやると面白そう。
“オトナ”&“ヌリエ”という響きがなんともゼツミョウな…
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/16

『妖精のアイルランド 「取り替え子」(チェンジリング)の文学史』

平凡社 760円(税別) ISBN4-582-85286-6 05.8刊

+内容+
序章 「妖精とケルトの国」と呼ばれて
第1章 ブリジット・クリアリー焼殺事件
第2章 イェイツとハイド―文学と民俗学と
第3章 ブラム・ストーカー―吸血鬼の顔を持つ男
第4章 オスカー・ワイルド―帝都ロンドンに跳梁する快楽の妖精
第5章 ラフカディオ・ハーン―クレオール化する民話、グローバルな民話
終章 ジェームズ・ジョイス―もう妖精は見えない

アイルランドは、なぜ「ケルトと妖精の島」と呼ばれるのか?事実、赤ん坊や女性が妖精と入れ替わる「取り替え子」の伝承を信じて自分の妻を焼き殺す事件が、一九世紀末に発生している。幻視的な詩人W.B.イェイツ、『ドラキュラ』のブラム・ストーカー、世紀末の文学者オスカー・ワイルド、小泉八雲ことラフカディオ・ハーン、そして、現代文学の高峰ジェイムズ・ジョイス。一九世紀から現代に連なる「想像力のネットワーク」を手掛かりにして、妖精の正体に迫る斬新な試み。
下楠昌哉(しもくす・まさや)
静岡文化芸術大学助教授(英語圏文学)。文学博士。

+関連・リンク+
平凡社

少しばかり不思議な感じの漂う本でしょうか…
ブラム・ストーカーとオスカー・ワイルドが並ぶというのがなんとも。
どちらも好きな作家ですが。
ジェイムズ・ジョイスはずっと読みたいと思いながらも
未だ手が出せない状態です。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

『全国文学館ガイド』

全国文学館ガイド
全国文学館協議会編
小学館 1,429円(税別) ISBN4-09-387574-X 05.8刊

+内容+
特集1 文豪が愛した小物たち
特集2 文豪の直筆原稿を読む
特集3 風土と文学
文学館ガイド 北海道・東北エリア
文学館ガイド 関東エリア
文学館ガイド 中部エリア
文学館ガイド 近畿・中国エリア
文学館ガイド 四国・九州エリア

創作の宇宙を彷徨する文学館の旅に出よう!主要文学館75館を詳細紹介!!全国550余館の文学館リスト、文学者別の文学館INDEXも併録。

+関連・リンク+
小学館

地味ながら、文学館という響きに惹かれます。
旅先でぶらりと立ち寄った文学館に
ひっそりと土地に縁のある文学者の展示がされている、
そういう感じもなかなかよかったりして。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

『欧州陶磁紀行 マイセン|ウェッジウッド|セーヴル』

欧州(ヨーロッパ)陶磁紀行
南川三治郎写真・文
世界文化社 1,700円(税別) ISBN4-418-05220-8 05.8刊

+内容+
第1章 マイセン(ドイツ)―ヨーロッパ磁器の王者
       モーリツブルク城―ザクセン王の優雅な暮らしを物語る狩猟の館へ
       ピルニッツ宮殿―エルベ上流の河畔に建つ優美なバロックの夏の離宮
       ツヴィンガー宮殿―バロックの街ドレスデンに残る大いなる美の遺産
第2章 ウェッジウッド(イギリス)―女王の許しを得た器
       ヴォルリッツ城―旧東ドイツの城館に残るウェッジウッドの至宝
       ポタリーズ・ミュージアム&アートギャラリー
                   ―「ファースト・デイの壺」など白眉のウェッジウッド作品
       ウェッジウッド本社
             ―一大プロジェクト進行中 二〇〇七年に新美術館オープン〈他〉
第3章 セーヴル(フランス)―華麗なるフランス美学の粋
       フォンテーヌブロー城
                   ―皇后マリー・ルイーズ所有の佳品「愛のキューピッド」
       マルメゾン城―ナポレオンゆかりのパリ郊外の城
       ニシム・ド・カモンド美術館
                   ―珍しい鳥尽くしの図柄を飾るパリの邸宅美術館〈他〉

ヨーロッパ三大名窯、その魅力と美の遺産。栄光の歴史とマイスターたちの技を各工房に訪ね、見事なアンティークを所蔵するシャトー美術館を辿る旅。
南川三治郎(みなみかわ・さんじろう)
写真家。パリを拠点にヨーロッパの“人と文化”に焦点を当て取材活動をするフォトグラフィック・ライター。

+関連・リンク+
世界文化社
Meissen
WEDGWOOD

ウエッジウッドのジャスパーペールブルーにものすごく惹かれます。
“ウェッジウッド・ブルー”と呼ばれるあの独特の色調がたまりません。
器とは全然関係がないけれど、
やはりウエッジウッドのショートブレッドが大好物。
美味です。お薦めです!
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/13

『漁師だけが食べている直伝浜料理』

青春出版社 700円(税別) ISBN4-413-04124-0 05.8刊

+内容+
九州・沖縄の漁師料理
四国の漁師料理
中国の漁師料理
東海・北陸の漁師料理
関東の漁師料理
東北の漁師料理
北海道の漁師料理

マアジのさんが、カキの酒しゃぶ、サバの浜焼き…こんなにうまい食べ方があったのか。
野村祐三(のむら・ゆうぞう)
日本各地の漁港・漁師を取材し、漁師料理、漁業、食全般の記事を各誌に寄稿している。水産ジャーナリストの会、食生活ジャーナリストの会会員。

+関連・リンク+
青春出版社

「漁師だけが食べている」という部分が凄く気になる!
家庭料理では味わえない旨さとか、想像してしまう~。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

『マンホールの博物誌』

マンホールの博物誌
G&U技術研究センター編著 / 中川幸男監修
ダイヤモンド社 2,800円(税別) ISBN4-478-89017-X 05.8刊

+内容+
序章
   進化する「路上のとびら」マンホール蓋
   マンホールの蓋を開けてみたら―地下空間を解剖してみる
第1章 歴史編
      文明に見る下水道文化
      江戸の「水」文化と下水蓋〈他〉
第2章 文化編
      マンホール物語―阿川佐和子が見たマンホールの作り方・作られ方
                                 ―生産現場に先端技術を発見
      対談 都市の文化を創る―サステイナブル・シティへの提言〈他〉
第3章 技術編―都市の安全を考える―マンホール鉄蓋の課題とコア技術
      総論
      基本技術が安全を支える〈他〉
マンホール雑学ノート
   マンホール鉄蓋の大きさいろいろ
   二重の蓋には意味がある〈他〉

この『マンホールの博物誌』は、マンホール鉄蓋における過去、現在、そしてこれからの問題・課題の変遷を辿るとともに、さらに進化を続ける次世代技術の胎動を分かりやすく紹介した本である。
中川幸男(なかがわ・ゆきお)
G&U技術研究センター代表取締役・所長。下水道計画・設計の実務経験を活かして、次世代のマンホールおよびその関連技術の研究開発に取り組んでいる。

+関連・リンク+
ダイヤモンド社
マンホール友の会
Manhole_guild
マンホールコレクション

普段ほとんど気にも留めないものに着目する面白さ。
ただの鉄のフタだと思ったら大間違いだというのがイイですね。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/11

『冨永愛という生き方』

富永愛という生き方
大道絵里子著
宙出版 1,400円(税別) ISBN4-7767-9160-9 05.8

+内容+
1 ランウェイと出会う
     コレクション・デビュー
     夢は、スーパーモデル
2 ファッションモデルという仕事
     オーディション
     走り続ける強さと脆さ〈他〉
3 冨永愛ができるまで
     愛されるように、愛するように
     モデルになればいい〈他〉
4 深く、甘く、そして気軽に
     自分の世界を表現する
     冨永愛というチーム〈他〉
5 冨永愛は進化する
     未知の世界へ
     試練の中で感じた神秘〈他〉

モデルという仕事とプライド、青春時代とコンプレックス、家族と、そして母となる想い。知られることのなかった人間・冨永愛が独占インタビューで、今、明らかに。
大道絵里子(だいどう・えりこ)
フリーライター。人物インタビューを中心に、雑誌や書籍で執筆中。

+関連・リンク+
宙出版
AI TOMINAGA OFFICIAL WEBSITE

過去に観た彼女を取り上げたテレビ番組では
日本酒をグイグイいってたり、話し方が随分オヤジだったり、
ユニークなキャラクターだったという印象。
活動の幅を広げられているようで、ちょっと気になってます。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/10

『F4@TOKYO』

F4@TOKYO
木村直軌撮影
角川書店 4,300円(税別) ISBN4-04-853884-5 05.7刊

+内容+
ポスター、DVD付き

+関連・リンク+
角川書店
F4.TV

日本の漫画が原作の台湾ドラマ『流星花園』からデビューした
アイドル・ユニットのF4。
昨年12月に台湾へ行ったのですが、
その時、台湾人の友人の話では
現地での人気は下火になってきているとか。
日本ではこれから韓流に続くブームになったりするんでしょうか…
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

『亀倉雄策のデザイン 新装版』

亀倉雄策のデザイン
亀倉雄策著 / 小川正 / 田中一光 / 永井一正編集委員
六耀社 5,800円(税別) ISBN4-89737-536-3 05.7刊

+内容+
作品
制作ノォト(亀倉雄策)
亀倉雄策の軌跡(永井一正)

+関連・リンク+
六耀社

亀倉雄策の名前は知らなくても、ポスターを見たことが無い人はいないはず。
東京オリンピックのポスターは今見てもスゴイ。
そういえば「グッドデザイン賞」の“Gマーク”も氏のデザインでした!
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

『中国近世の性愛 耽美と逸楽の王国』

中国近世の性愛
呉存存著 / 鈴木博訳
青土社 3,600円(税別) ISBN4-7917-6200-2 05.8刊

+内容+
第1章 緒論
第2章 明清代の正統的な性愛観と節烈の風気
第3章 明代末期の情欲主義
第4章 明清代の男性同性愛
第5章 纏足の流行と金蓮崇拝
第6章 明清代の異装癖

原題『明清社会性愛風気』
『金瓶梅』、春宮画、遊里文化、纏足、男性同性愛、異装癖…世にも稀なる欲望の百態。中国近世すなわち明・清代は、極端な禁欲主義と放縦な情欲主義にひき裂かれ、空前にして特異な性愛文化が花開いた時代であった。快楽追求に奔った文化現象の諸相をつまびらかに究明する。気鋭の女性研究者が挑む迫真の性愛文化史。
呉存存(うー・つんつん)
1962年浙江省温州生まれ。天津・南開大学で文学を学ぶ。同大学中国文学学部副教授を経て、ニューイングランド大学(オーストラリア)講師。主な研究分野は中国明清代の文学、文化、性愛風習。多くの中国語論文の他、英語による著書、翻訳がある。

+関連・リンク+
青土社

“耽美と逸楽の王国”という副題が強烈(笑)
読みたい度70%

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/07

『グラフィック・デザインの歴史』

グラフィック・デザインの歴史
アラン・ヴェイユ著 / 柏木博監修 / 遠藤ゆかり訳
創元社 1,500円(税別) ISBN4-422-21183-8 05.8刊

+内容+
第1章 グラフィック・デザインの誕生
第2章 革命とアヴァンギャルド
第3章 アール・デコの時代
第4章 アメリカ・モデルと国際様式の勝利
第5章 政治参加から、コンピューター革命へ
資料篇―広告とデザイン

原題『Le Design graphique』Alain Weill
アラン・ヴェイユ
グラフィック・アート及び広告研究家。広告博物館(パリ)の元館長。1990年から2001年まで、ショーモン(フランス北東部)のグラフィック・アート国際会議で総代表を務めた。グラフィック・アートと広告に関する著書が多数ある。

+関連・リンク+
創元社

何気なく情報を得ているグラフィック・デザインについて、体系的に勉強してみたいと思ったり。
2003年に東京都現代美術館で開催された『田中一光回顧展』のシンポジウムでは、
建築家の安藤忠雄氏、画家の横尾忠則氏の対談が企画され、
この本の監修をされている柏木博氏が司会をされていました。
横尾氏の楽しい話を上手く引き出しつつ、暴走にちょっと困っていらっしゃったような印象が…(笑)
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

『宇宙の歩き方』

宇宙の歩き方
林公代著
ランダムハウス講談社 1,600円(税別) ISBN4-270-00089-9 05.7刊

+内容+
宇宙旅行の基礎知識
1 地上で無重力体験
2 高度100kmの宇宙へ―サブオービタル飛行
3 軌道上の宇宙ステーションへ―オービタル飛行
4 宇宙ホテルへの旅
5 地球から飛び出せ!―月、火星、さらに遠くへ
知っておきたい宇宙生活の常識・非常識
宇宙気分を味わうための情報集

宇宙旅行はもう夢じゃない!どこまで行けるの?何ができるの?料金は?本気で宇宙に遊びに行きたいあなたのために最新情報満載、史上初の宇宙旅行ガイドブック。
林公代(はやし・きみよ)
日本宇宙少年団の情報誌編集長を経て、フリーランス。書籍、雑誌、ウェブにて宇宙関連の記事を執筆。三菱電機サイエンスサイトDSPACEにてコラム「読む宇宙旅行」を連載中。

+関連・リンク+
ランダムハウス講談社
三菱電機サイエンスサイト DSPACE

昔、「歯の治療をした人は宇宙に行けない」というのを聞いたことがあるけれど、
本当のところどうなんでしょうか~??
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/05

『恐怖!!あなたの知らない世界』

宙出版 476円(税別) ISBN4-7767-9202-8 05.8刊

+内容+
1章 あなたに見つけて欲しかった…
      夜の環状7号線
      壁〈他〉
2章 たのむから話を聞いて…
      オ、マ、エが憎い
      ガール・ハント〈他〉
3章 知らないうちに祟られている…
      水子霊
      呪われたテニスコート〈他〉
4章 ないしょのちょっとイイ話…
      野菊の墓
      すきすきディズニー〈他〉
5章 世界の中心で、スタッフがさけぶ…
      頻発するトラブル
      首が回らない〈他〉

夏休みを中心に放映された伝説の怪奇心霊番組『あなたの知らない世界』(NTV系)。リアルな再現ドラマで番組放映時に人気のあった作品や徹底取材に基づいた本当にあった心霊体験ばかり(こわ~い番組ならではの裏話も)を25本収録。
新倉イワオ(にいくら・いわお)
民放局の番組製作プロデューサー、ディレクターを経て、昭和35年、放送作家に転向。自らの心霊体験を契機に心霊界に興味を抱き、広く国内、外の取材にあたる。日本放送作家協会会員。現在、「笑点」などの番組のほか、講演などにあたっている。

+関連・リンク+
宙出版

すごく懐かしい…
子どもの頃、夏休みになるとこの番組を観てました。
結構怖くて、肝心の場面ではテレビ画面を避けながら観ていたり(笑)
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/04

『店員さんがすすめる良品ステーショナリー』

店員さんがすすめる良品ステーショナリー
「シリーズ知・静・遊・具」編集部編
ロコモーションパブリッシング 1,500円(税別) ISBN4-86212-012-1 05.8刊

+内容+
1 Writing Instruments書く―持っているだけで満足できる筆記具たち
2 Notebook & Papers綴る―記録を残すノート、思いを託す紙
3 Organizer & Case整理する―モノや情報を整理・携帯するために
4 Basic Stationery使う―これがなければデスクワークが始まらない
5 heartwarming Goods癒される―心を豊かにする机上アイテム

銀座・伊東屋・丸善・丸の内本店、ナガサワ文具センター、文房堂、書斎館、五十音、アシストオン、信頼文具舗etc.ステーショナリーを扱う老舗やセレクトショップのスタッフが文具ファンのために素敵な宝物を選んでくれました。有名ショップの店員さんが選んだ250アイテムを紹介。

+関連・リンク+
ロコモーションパブリッシング

パラパラと見ているだけで、早速欲しいなと思うものが…
文具店の店員さんが選んだというだけあって、スグレモノが揃っている様子。
デザイン的にも目を惹くものが掲載されています。
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/03

『陰陽師 12』

陰陽師 12
岡野玲子著 / 夢枕獏原作
白泉社 819円(税別) 4-592-13222-X 05.7刊

+内容+
安倍晴明 天の珠を得ること
帝 新造内裏へ遷御す
藤原兼家 新嘗祭に於いて 自ら神饌をつとむ
安倍晴明 火珠と方諸を手に入れること〈他〉

+関連・リンク+
白泉社
OGDOAD

ブームになる前から陰陽師・安倍晴明には注目していました。
このシリーズ、いよいよ完結かと思ったら、まだ続きが…
スタート時の説話的な内容から、難解なストーリーに変化してきて、
どこに行くのだろうか、と思ったり。
読みたい度95%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

『面白いほどよくわかる犯罪心理学 殺人、窃盗、暴力…人はなぜ罪を犯すのか』

日本文芸社 1,400円(税別) ISBN4-537-25297-9 05.7刊

+内容+
第1章 「犯罪」と「犯罪者」
第2章 プロファイリングとは何か
第3章 「殺人事件」をプロファイリングする
第4章 人はなぜ「悪質商法」に騙されるのか
第5章 「通り魔事件」の犯人像に迫る
第6章 「バラバラ殺人」の心理
第7章 年少者を狙う「猥褻犯」の心理
第8章 人が暴力を振るう「本当の理由」
第9章 反社会的集団を心理分析する
第10章 「犯罪」と「制裁論」

高橋良彰(たかはし・よしあき)
科学警察研究所防犯少年部研究員をつとめる。その後渡米し、シカゴ大学法科大学院犯罪司法研究センター客員研究員となる。帰国後、科警研主任研究官、補導研究室長。大正大学人間学部および大学院人間学研究科教授。教育学博士。

+関連・リンク+
日本文芸社
日本犯罪心理学会

日常の生活ではまず触れることの無いであろう犯罪心理学の分野、
知らない世界だということが、逆に興味を惹いたりして…
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/01

『ミネラルウォーター・ガイドブック』

新潮社 1,400円(税別) ISBN4-10-398905-X 05.7刊

+内容+
まえがき ミネラルウォーターのある暮らし
第1章 ミネラルウォーター・カタログ
       硬度0~50
       硬度51~100〈他〉
第2章 ミネラルウォーターの基礎知識
       ミネラルウォーターとは何か
       日本のミネラルウォーターの歴史〈他〉
第3章 ミネラルウォーターの選び方
       ミネラルウォーターを分類する
       ミネラルウォーターで健康になる〈他〉
第4章 ワンポイントガイド
       日本茶の甘みと香りを引きだす
       本場ダージリンの芳香を引き立てる〈他〉

探していた1本が、必ず見つかる!厳選128アイテムを紹介する、元祖「水」カタログの決定版。ミネラルの補給に、ダイエットに、そして、料理をさらにおいしく…水を賢く選んで、上手に使おう。

+関連・リンク+
新潮社
WATER
MIKIO'S WEBSITE
ミネラルウォーターのラベル情報

普段からお茶など、しょっちゅう何か飲んでいます。
ミネラルウォーターも好きです。
最近は結構増えてきたけれど、昔はカーボネイティッド・ウォーター(炭酸水)を
探してあちこちさまよったりしたことも。
また、各国のミネラルウォーターのラベルを集めていた時期もありました。
海外旅行でも重いのに何本も買って帰ってきたりして。
ボトルのお気に入りはイギリスのティナントです。あのブルーがとても美しい。
同じくティナントの、ロス・ラブグローブが手掛けた
曲線がユニークなペットボトルも良いですね。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »