« 『宇宙の歩き方』 | トップページ | 『中国近世の性愛 耽美と逸楽の王国』 »

2005/08/07

『グラフィック・デザインの歴史』

グラフィック・デザインの歴史
アラン・ヴェイユ著 / 柏木博監修 / 遠藤ゆかり訳
創元社 1,500円(税別) ISBN4-422-21183-8 05.8刊

+内容+
第1章 グラフィック・デザインの誕生
第2章 革命とアヴァンギャルド
第3章 アール・デコの時代
第4章 アメリカ・モデルと国際様式の勝利
第5章 政治参加から、コンピューター革命へ
資料篇―広告とデザイン

原題『Le Design graphique』Alain Weill
アラン・ヴェイユ
グラフィック・アート及び広告研究家。広告博物館(パリ)の元館長。1990年から2001年まで、ショーモン(フランス北東部)のグラフィック・アート国際会議で総代表を務めた。グラフィック・アートと広告に関する著書が多数ある。

+関連・リンク+
創元社

何気なく情報を得ているグラフィック・デザインについて、体系的に勉強してみたいと思ったり。
2003年に東京都現代美術館で開催された『田中一光回顧展』のシンポジウムでは、
建築家の安藤忠雄氏、画家の横尾忠則氏の対談が企画され、
この本の監修をされている柏木博氏が司会をされていました。
横尾氏の楽しい話を上手く引き出しつつ、暴走にちょっと困っていらっしゃったような印象が…(笑)
読みたい度45%

|

« 『宇宙の歩き方』 | トップページ | 『中国近世の性愛 耽美と逸楽の王国』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5356910

この記事へのトラックバック一覧です: 『グラフィック・デザインの歴史』:

« 『宇宙の歩き方』 | トップページ | 『中国近世の性愛 耽美と逸楽の王国』 »