« 『冨永愛という生き方』 | トップページ | 『漁師だけが食べている直伝浜料理』 »

2005/08/12

『マンホールの博物誌』

マンホールの博物誌
G&U技術研究センター編著 / 中川幸男監修
ダイヤモンド社 2,800円(税別) ISBN4-478-89017-X 05.8刊

+内容+
序章
   進化する「路上のとびら」マンホール蓋
   マンホールの蓋を開けてみたら―地下空間を解剖してみる
第1章 歴史編
      文明に見る下水道文化
      江戸の「水」文化と下水蓋〈他〉
第2章 文化編
      マンホール物語―阿川佐和子が見たマンホールの作り方・作られ方
                                 ―生産現場に先端技術を発見
      対談 都市の文化を創る―サステイナブル・シティへの提言〈他〉
第3章 技術編―都市の安全を考える―マンホール鉄蓋の課題とコア技術
      総論
      基本技術が安全を支える〈他〉
マンホール雑学ノート
   マンホール鉄蓋の大きさいろいろ
   二重の蓋には意味がある〈他〉

この『マンホールの博物誌』は、マンホール鉄蓋における過去、現在、そしてこれからの問題・課題の変遷を辿るとともに、さらに進化を続ける次世代技術の胎動を分かりやすく紹介した本である。
中川幸男(なかがわ・ゆきお)
G&U技術研究センター代表取締役・所長。下水道計画・設計の実務経験を活かして、次世代のマンホールおよびその関連技術の研究開発に取り組んでいる。

+関連・リンク+
ダイヤモンド社
マンホール友の会
Manhole_guild
マンホールコレクション

普段ほとんど気にも留めないものに着目する面白さ。
ただの鉄のフタだと思ったら大間違いだというのがイイですね。
読みたい度65%

|

« 『冨永愛という生き方』 | トップページ | 『漁師だけが食べている直伝浜料理』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5440946

この記事へのトラックバック一覧です: 『マンホールの博物誌』:

« 『冨永愛という生き方』 | トップページ | 『漁師だけが食べている直伝浜料理』 »