« 『人、旅に出る 『SWITCH』インタビュー傑作選』 | トップページ | 『コクと旨味の秘密』 »

2005/09/27

『谷崎潤一郎の京都を歩く』

谷崎潤一郎の京都を歩く
河野 仁昭文 / 渡部 巌写真
淡交社 1,500円(税別) ISBN4-473-03262-0 05.10刊

+内容+
1章 最初の京都
2章 阪神間のころ
3章 前の潺湲亭
4章 後の潺湲亭のころ
5章 京都を想う

京都を愛し、京都への思いを書き続けた谷崎潤一郎。来る!住む!眠る!谷崎の京都“贔屓”は、ほんまもん。
河野仁昭(こうの・ひとあき)
詩人・エッセイスト。京都現代文学を楽しむ会・すてっぷ詩話会代表。専門は日本近代・現代文学。
渡部巌(わたなべ・いわお)
写真家。1975年写真家山本建三に師事。1983年写真事務所を設立。

+関連・リンク+
淡交社

京都の出版社が扱う谷崎潤一郎。
関東大震災を逃れて関西に移った谷崎、
自分の中では大阪・兵庫のイメージが強いけれど、
京都とも縁が深いのでした。
読みたい度70%

|

« 『人、旅に出る 『SWITCH』インタビュー傑作選』 | トップページ | 『コクと旨味の秘密』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6150244

この記事へのトラックバック一覧です: 『谷崎潤一郎の京都を歩く』:

« 『人、旅に出る 『SWITCH』インタビュー傑作選』 | トップページ | 『コクと旨味の秘密』 »