« 『決定版 三島由紀夫全集(42)年譜・書誌』 | トップページ | 『カリオストロ伯爵夫人』 »

2005/09/05

『武家の古都、鎌倉』

武家の古都、鎌倉
高橋慎一朗著
山川出版社 800円(税別) ISBN4-634-54210-2 05.8刊

+内容+
都市史からみた鎌倉
1 将軍御所の記憶
2 鶴岡八幡宮と若宮大路
3 名越―鎌倉の浜・谷・山
4 物の流れ、人の流れ
記憶の継承、歴史的遺産の継承

鎌倉という都市は、しばしば「鎌倉幕府」という言葉とともに語られてきました。鎌倉は、日本史上はじめて登場した本格的な武家の都市でした。もちろん、現在の鎌倉は中世都市鎌倉のそのままの姿ではありません。しかし、町なかの道や坂、寺院や神社などに当時の面影が残されています。また、地中から発掘される遺跡・遺物、『吾妻鏡』のような歴史書、古い文書や絵図、そして地名などに、かつての鎌倉の痕跡をたどることができます。こうしたさまざまな手がかりをもとに、中世の鎌倉の様子を復元していくことにしましょう。
高橋慎一朗(たかはし・しんいちろう)
東京大学史料編纂所助教授

+関連・リンク+
山川出版社
Walking Kamakura on Web
鎌倉Today

鎌倉は好きな街のひとつで、時々ぶらりと出かけます。
けれども、高校時代に世界史を選択していたこともあり、
ちゃんとした日本史を知らない…(汗)
歴史を知ったうえで歩いてみると、もっと楽しめるのではないかと思います。
読みたい度65%

|

« 『決定版 三島由紀夫全集(42)年譜・書誌』 | トップページ | 『カリオストロ伯爵夫人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/5802266

この記事へのトラックバック一覧です: 『武家の古都、鎌倉』:

« 『決定版 三島由紀夫全集(42)年譜・書誌』 | トップページ | 『カリオストロ伯爵夫人』 »