« 『恥ずかしい和製英語』 | トップページ | 『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』 »

2005/10/27

『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』

美術出版社 3,800円(税別) ISBN4-568-10354-1 05.10刊

+内容+
口絵 横尾忠則のプリント・デザイン
テキスト 二人のコンテンポラリアン
招待状
   1977 autumn‐winter
   1979 spring‐summer,autumn‐winter,milano collection
   1980 spring‐summer,autumn‐winter
   1981 spring‐summer,autumn‐winter
   1982 spring‐summer,autumn‐winter〈他〉
資料

三宅一生はパリコレクションを通じて、ファッション・デザイナーとしての高い評価を受けた。1977年から1999年までの23年にわたって、横尾忠則はその招待状をつくり続けた。二つの強烈な個性が、世界を震撼させる一つの創造的行為に結実していたのである。本書は、三宅のパリコレクションへ誘う、横尾の多様で奔放な原画とグラフィック・ワークのすべてを公開。

+関連・リンク+
美術出版社
TADANORI YOKOO OFFICIAL SITE

横尾忠則と三宅一生のつながりが不思議だけれど、オモシロイ!
お二方ともナマのお姿を拝見したことがあるけれど、
ある意味対極にありながら共通するパワーのようなものが感じられました。
かなり興味アリ!!
読みたい度85%

|

« 『恥ずかしい和製英語』 | トップページ | 『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6690388

この記事へのトラックバック一覧です: 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』:

« 『恥ずかしい和製英語』 | トップページ | 『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』 »