« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

『虚人 寺山修司伝』

虚人寺山修司伝
田沢 拓也著
文藝春秋 619円(税別) ISBN4-16-767803-9 05.10刊

+内容+
第1章 老母買ふ町
第2章 自己なき男
第3章 空にまく種子
第4章 祖国はありや
第5章 新しき家具
第6章 テレビの死霊

徒手空拳で青森から上京し、草創期のテレビ界を舞台に、さまざまな人物と交流しながら名声を求めていった寺山修司。だが俳句、短歌、ドラマといった彼の作品は、「模倣」の連続であった。「都会と地方」、「現実と虚構」という二つの軸から、寺山修司のバーチャル・リアリティ(仮想現実)性を明らかにする。
田澤拓也(たざわ・たくや)
出版社勤務を経て、ノンフィクション作家に。著書に『ムスリム・ニッポン』(小学館。第4回21世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞)、『空と山のあいだ』(角川文庫。第8回開高健賞)など。

+関連・リンク+
文藝春秋
三沢市寺山修司記念館
鉛筆のドラキュラ

なんだかタイトルが似ているけれど
長尾三郎著『虚構地獄寺山修司』(講談社文庫)も面白い本でした。
エキセントリックだったり、ユニークだったり、
寺山の生き方に憧れる部分もあったりします。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/30

『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』

学芸出版社 2,000円(税別) ISBN4-7615-2373-5 05.10刊

+内容+
1 日本の庭園文化史
     日本庭園の黎明―飛鳥時代以前(~五五二)
     石造物と水の演出―飛鳥時代(五五二~七一〇)
     曲池と洲浜―奈良時代(七一〇~七九四)
     湧水ゆたかな都の庭―平安時代初期(七九四~九六〇)〈他〉
2 日本庭園の様式と意匠
     日本庭園の様式
     日本庭園の意匠

今日、日本的なものが失われていきつつあるといわれるなかで、最も日本的なものと思われるひとつが、日本庭園ではないだろうか。その歴史や意匠を学び、日本庭園の心を理解していくことは、日本の庭園文化をより広く深く知ることになり、ひいては日本文化を再認識することにも繋がるであろう。

+関連・リンク+
学芸出版社

禅寺の庭が好きです。
新しいところでは重森三玲など、良いですね~。
それはともかくとして、庭園の歴史について知ろうと思っても
なかなかこれだという資料が見つからなかったりして。
古いところからだんだんと見ていくと体系だった理解も可能だと思われます。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/27

『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』

美術出版社 3,800円(税別) ISBN4-568-10354-1 05.10刊

+内容+
口絵 横尾忠則のプリント・デザイン
テキスト 二人のコンテンポラリアン
招待状
   1977 autumn‐winter
   1979 spring‐summer,autumn‐winter,milano collection
   1980 spring‐summer,autumn‐winter
   1981 spring‐summer,autumn‐winter
   1982 spring‐summer,autumn‐winter〈他〉
資料

三宅一生はパリコレクションを通じて、ファッション・デザイナーとしての高い評価を受けた。1977年から1999年までの23年にわたって、横尾忠則はその招待状をつくり続けた。二つの強烈な個性が、世界を震撼させる一つの創造的行為に結実していたのである。本書は、三宅のパリコレクションへ誘う、横尾の多様で奔放な原画とグラフィック・ワークのすべてを公開。

+関連・リンク+
美術出版社
TADANORI YOKOO OFFICIAL SITE

横尾忠則と三宅一生のつながりが不思議だけれど、オモシロイ!
お二方ともナマのお姿を拝見したことがあるけれど、
ある意味対極にありながら共通するパワーのようなものが感じられました。
かなり興味アリ!!
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/26

『恥ずかしい和製英語』

恥ずかしい和製英語
スティーブン・ウォルシュ著
草思社 1,300円(税別) ISBN4-7942-1425-1 05.10刊

+内容+
1章 妄想を呼ぶ誤解
      ボディチェック
      ダンプカー〈他〉
2章 微妙な違い
      カレーライス
      フリーマーケット〈他〉
3章 奇妙な語感
      オールバック
      ファイト/ゲット/カンニング〈他〉
4章 よくある間違い
      マンション
      スマート/ボディコン〈他〉
5章 恥ずかしい誤解
      アメリカン
      コック〈他〉

スキンシップは「皮の船」、ボディチェックは「体当たり」、ガッツポーズは「腹わたハミ出しポーズ」??英国人が「和製英語(英語風日本語)」を初めて聞いたとき思い描く恥ずかしくも怪しいイメージの数々。誤解や聞き間違いの混乱を通して、正しい英語感覚を教える、「ぼくの愉快な和製英語コレクション」。

+関連・リンク+
草思社

和製英語、誰がこんなの考え出すんだろう…?
無意識に使っているけれど、それがコワイ!
そういうのを笑っていて、ふと気付くと実は自分のことを笑っているような…
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

『明治大正 翻訳ワンダーランド』

新潮社 680円(税別) ISBN4-10-610138-6 05.10刊

+内容+
近代の翻訳はこの「一字入魂」から出発する
                  ―ユゴー『探偵ユーベル』森田思軒訳(明治22年)
訳文が生きるか死ぬかは会話文
                 ―バアネット『小公子』若松賎子訳(明治23~25年)
超訳どころの騒ぎではない
          ―ボアゴベイ『正史実歴鉄仮面』黒岩涙香訳述(明治25~26年)
鴎外の陰に隠れはしたが
             ―レルモントフ『浴泉記』小金井喜美子訳(明治25~27年)
すべては憧憬にはじまる―ゾラ『女優ナヽ』永井荷風編訳(明治36年)
辛抱して読んでくれ!―トルストイ『復活』内田貢(魯庵)訳(明治38年)
遠く離れた日本で出世―ウイダ『フランダースの犬』日高柿軒訳述(明治41年)
原作はいったいどこに…?!
           ―アンノウンマン『いたづら小僧日記』佐々木邦訳(明治42年)
肉体を翻訳する舞台―イプセン『人形の家』島村抱月訳(明治43年)
童話は初版だけが本物か―「模範家庭文庫」中島孤島他訳(大正4年)
絶好の売り時を逃すまじ―リットン『ポンペイ最後の日』中村詳一訳(大正12年)
うっかり誤訳?意図的誤訳?
           ―グリズマー『東への道』岩堂全智・中村剛久共訳(大正12年)
発禁、伏せ字を乗り越えて―モオパッサン『美貌の友』広津和郎訳(大正13年)
ノベライゼーションの草分け
        ―ルルー原作、カーニー改作『オペラの怪人』石川俊彦訳(大正14年)

驚愕!感嘆!唖然!恐るべし、明治大正の翻訳界。『小公子』『鉄仮面』『復活』『フランダースの犬』『人形の家』『美貌の友』『オペラの怪人』…いまも読み継がれる名作はいかにして日本語となったのか。森田思軒の苦心から黒岩涙香の荒業まで、内田魯庵の熱意から若松賎子の身体感覚まで、島村抱月の見識から佐々木邦のいたずらまで、現代の人気翻訳家が秘密のワンダーランドに特別ご招待。
鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)
翻訳家。お茶の水女子大学大学院在籍中より翻訳活動を開始。2003年、E.ブロンテ『嵐が丘』の新訳が話題を呼ぶ

+関連・リンク+
新潮社

とあるサイトで紹介されていた明治・大正期の海外作品の翻訳を目にして仰天。
大胆な翻案、思わず笑ってしまう登場人物の名前、
台詞回しがいかにも日本的になっていたりして。
今読むとかなり笑えたりするけれど、
当時は海外作品の紹介に相当な苦労があったはず。
色々な読み方のできる翻訳者の世界、面白いです。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『時代を映したキャッチフレーズ事典』

時代を映したキャッチフレーズ事典
深川 英雄 / 相沢 秀一 / 伊藤 徳三編著
電通 2,200円(税別) ISBN4-88553-179-9 05.9刊

+内容+
明治元年から平成の直近まで、厳選されたキャッチフレーズ1408点、収録図版433点を収録。配列はキャッチフレーズの50音順で、広告主、初出年代、それらが生まれた時代背景から、世の中に与えたインパクトなどを解説。

+関連・リンク+
電通

知っているキャッチフレーズで、だいたいの年代が分かったりしますね。
高度成長時代のものが一番インパクトが強いような気がするけれど、
それも世代が絡んでくるのでしょうか…
あ、自分はまだ四捨五入しても、かろうじて30代なんですが(汗)
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/24

『たかがビールされどビール アサヒスーパードライ、18年目の真実』

日刊工業新聞社 1,900円(税別) ISBN4-526-05521-2 05.9刊

+内容+
たかがビールされどビール
   左遷
   不買動機
   敗因
   温故知新〈他〉
エピローグ
   一九九一年の顛末
   多品種化作戦
   亀裂
   ミスマーケティング〈他〉

ビール業界の勢力図を大きく塗り変えた怪物はこうして生まれた。実務責任者が今、はじめて語る真実の開発ストーリー。息もつかせぬ超一級のノンフィクション。

+関連・リンク+
日刊工業新聞社
アサヒビール

久々に注目したビジネス関連本。
いわゆるビジネス書とはちょっとタイプの違う本だという話。
割合カチッとした印象の日刊工業新聞社も、
だんだんイメージを変えていく方向にあるとか。
自分にとってはあまり馴染みの無い分野を
興味深く読ませる本が沢山出るとオモシロイですね。
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/22

『能に学ぶ身体技法』

ベースボール・マガジン社 2,000円(税別) ISBN4-583-03865-8 05.10刊

+内容+
第1章 和の身体技法「能」と深層筋の働き
       能楽師とサムライとアスリート
       深層筋を活性化させるための予備知識
       ロルフィングとは?
第2章 深層筋を活性化させる6つの身体技法
       エクササイズのやり方
       大腰筋を目覚めさせよ!
       立つ
       すり足
       指シ込ミ・ヒラキ
       呼吸
       声

日本の伝統芸能「能」と米国の深筋層エクササイズ「ロルフィング」がここに融合!「すり足」「指シ込ミ」などの動きの中に、身体の核を活性化する最新理論が隠されていた。
安田登(やすだ・のぼる)
下懸宝生流ワキ方能楽師。ワキ方の重鎮・鏑木岑男師の謡に衝撃を受けて、成人してから入門する。国内外を問わず舞台をつとめ、ワークショップも頻繁に開催している。また、身体のバランスを整えることを目的とする米国のボディーワーク・ロルフィングの施術者(ロルファー)でもある。

+関連・リンク+
ベースボール・マガジン社

「静」のイメージの強い能ですが、
実際に観るとかなり激しい動きもあったりします。
でも、その動きと筋力を結びつけるという発想がユニーク。
全然考えたことも無かった!
そういえば、バレエ振付家のモーリス・ベジャールが
バレエにすり足を取り入れたりしていたような…
日本の古典芸能も注意してみると、意外に様々な分野で活用できそうです。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

『マークを読む JISからエコマークまで』

マークを読む
中井 有造著
NHK出版 680円(税別) ISBN4-14-088159-3 05.10刊

+内容+
序章 生活マークはいつ生まれた
第1章 損害賠償制度のあるマーク
第2章 食品に関するマーク
第3章 家庭用品に関するマーク
第4章 環境・リサイクル・省エネ・福祉に関するマーク
第5章 衣類に関するマーク
第6章 住宅・家具に関するマーク
第7章 メディア・ホビーに関するマーク

日常的に使う電気製品、食品、衣料品などに、ふと気が付くとひっそりと、あるいは堂々と記されている「生活マーク」。企業ロゴでもキャンペーンマークでもないそれを、誰が何のためにどんな基準で付けたのか?約六〇年ぶりに改正されるJISマークを始め、ウールマークやビデ倫、果たは消しゴムのマークや特別裁培農産物までをとことん集めた、知って得する暮らしの中の生活マーク雑学。
中井有造(なかい・ゆうぞう)
植物図鑑、建築専門誌、IT、医学書などの編集を経て独立。フリーランスで編集・執筆や広告コピー制作を行う。分野はITを中心に建築、法規、文学など。

+関連・リンク+
NHK出版

身の回りのあらゆる製品に様々なマークがつけられているけれど、
それが何をあらわしているのか良く分からなかったりします。
マークひとつにも奥の深さが感じられたりして。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

『チベット寺院・建築巡礼』

東京堂出版 2,600円(税別) ISBN4-490-20549-X 05.9刊

+内容+
チベット寺院・建築巡礼
   チベット文化圏
   チベット人と宗教・チベット語
   写真構成・中央チベットの建築(ウ・ツァン)〈他〉
チベット建築の変遷
   チベット建築の源流
   寺院建築の誕生
   寺院建築の発展〈他〉
チベット建築の特徴
   陸屋根
   石積・日干しレンガ・版築の壁と校倉壁
   木製の柱・梁と肘木〈他〉

チベットの伝統文化が凝縮される仏教寺院をはじめ民家やテントなどの建築文化を探訪する。
大岩昭之(おおいわ・てるゆき)
東京理科大学助手

+関連・リンク+
東京堂出版

なじみの薄いチベットの建築ですが、
何となく親しみが感じられたり。
迫力もあって、興味深いものです。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/19

『これが宮内庁御用達だ こだわりの名品50』

日本経済新聞社 695円(税別) ISBN4-532-19311-7 05.10刊

+内容+
序 宮内庁御用達を知るよろこび
第1章 創業者たちの涙、涙の“商品開発物語”
       饅頭―塩瀬総本家
       粽(ちまき)―川端道喜〈他〉
第2章 一徹者たちの職人技が創り出す工芸品物語
       漆器―山田平安堂
       箸―市原平兵衛商店〈他〉
第3章 固定ファンに愛された美味の数々
       昆布―松前屋
       和菓子―鶴屋吉信〈他〉
第4章 “西洋の技術”を取り込んだ職人たちの腕自慢
       眼鏡―眼鏡舗村田長兵衛商店
       傘―前原光榮商店〈他〉

最高の素材と職人技によって、究極のブランドを維持してきた「宮内庁御用達」。1954年に制度は廃止されたが、その後も名品たちは伝統と格式を保ち続けている。老舗研究の第一人者が商品力と成功の秘密を描き尽くす。
鮫島敦(さめじま・あつし)
出版社勤務後、著述業、セミナー講師として活躍。

+関連・リンク+
日本経済新聞社

「宮内庁御用達」という言葉はよく耳にするけれど、
実際のモノはあまり目にしたことが無いように思います…。
制度自体は過去のものだとはいえ、現在でも大きな魅力を失ってはいない。
ブランドとして良い響きがありますね~。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

『西太后 大清帝国最後の光芒』

西太后
加藤 徹著
中央公論新社 800円(税別) ISBN4-12-101812-5 05.9刊

+内容+
第1章 清朝という時代
第2章 紫禁城の壁の中
第3章 戦争と政変
第4章 垂簾聴政の光と影
第5章 西太后と二人の皇帝
第6章 最後の十年

内憂外患にあえぐ落日の清朝にあって、ひときわ強い輝きを放った一代の女傑、西太后。わが子同治帝、甥の光緒帝の「帝母」として国政を左右し、死に際してなお、幼い溥儀を皇太子に指名した。その治世は半世紀もの長きにわたる。中級官僚の家に生まれ、十八歳で後宮に入った娘は、いかにしてカリスマ的支配を確立するに至ったか。男性権力者とは異なる、彼女の野望の本質とは何か。「稀代の悪女」のイメージを覆す評伝。
加藤徹(かとう・とおる)
広島大学総合科学部助教授。専攻、中国文学。『京劇』で第24回サントリー学芸賞(芸術・文学部門)受賞。

+関連・リンク+
中央公論新社
加藤徹のホームページ

中国古代史にあまり興味は無いけれど、興味があるのは中国近代史。
ある意味、やりすぎ感というか、突き抜けた感じがあるから…?
それはともかく、過去に加藤氏の著書『京劇』を読みましたが、
とても面白い内容でした。
京劇も一度はと思いつつ、まだ観たことが無いのですが…
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

『再訂資料 三島由紀夫』

資料三島由紀夫
福島 鋳郎著
朝文社 5,048円(税別) ISBN4-88695-180-5 05.9刊

+内容+
第1章 三島由紀夫の死
第2章 祖父・平岡定太郎
第3章 三島由紀夫の青春
第4章 「楯の会」と「自衛隊」
第5章 三島事件の波紋
第6章 幻の作品『晴れた日に』―その発見までの顛末
第7章 最後の楯の会

世紀を聳動させた三島由紀夫の自決は日本の知的運命に深くかかわる。本書はその精神の軌跡を資料に基づいて解明した。再訂版。
福島鑄郎(ふくしま・じゅうろう)
日本出版学会員。メディア史研究会員。

+関連・リンク+
朝文社
三島由紀夫 Cyber Museum

実はこの本、学生時代に買いました。
その時の本も、結構改訂を重ねていたはず。
それから後にも、確か改訂されたのを目にしたような…
かなりの数の改訂を重ねられてるんでしょうか。
そう、今年は三島由紀夫没後35年。
『春の雪』が映画化されたり、ドキュメンタリー映画が公開されたり。
過去、没後30年の時には11月25日の憂国忌に行きましたが、
(あくまでも三島文学が好きなので、三島の政治的な部分には触れたくない…)
今年も一つの節目の年として、行ってみようかなと思っています。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/15

『AB型のための英語学習術』

三修社 1,000円(税別) ISBN4-384-05355-X 05.10刊

+内容+
1 AB型の強みを活かして英語をやり直してみる
2 AB型ならできる!合理的に覚えられる日常会話33パターン
3 AB型ならできる!頭出し8パターン旅行英会話をスッキリ覚える
4 AB型ならできる!理屈でスッキリわかる英語の組み立て10パターン
5 AB型ならできる!暗記も楽しく3語フレーズを覚える
6 AB型ならできる!英語日記をスマートに書いてみる
7 AB型ならできる!睡眠不足のときは、英語の雑学をベッドで

合理的で機能性を追求する生活のあり方、そして理解が早く、解釈能力に優れているのが強みのAB型。本書は、血液型別英語学習の「考え方」ではなく、具体的な実践本です。努力家で理解が早いAB型は、AB型の強みをめいっぱい活かした英語の勉強(最後のツメのねばり学習へ)を、とことん効率的にやり直してみましょう。

+関連・リンク+
三修社

血液型がどうなんだ?というのは置いておいて、
企画として、ユニークな本ですね。
血液型と英語の勉強とのつながりが、よく分からないのですが…
もちろんAB型だけではなく、全種類揃っています。
取り上げるのは何型でも良かったけれど、自分がAB型なので。
他の血液型はこちら。
A型のための英語学習術
B型のための英語学習術
O型のための英語学習術
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/14

『粋にいなせに三津五郎』

粋にいなせに三津五郎
坂東 三津五郎著
ぴあ 2,200円(税別) ISBN4-8356-1562-X 05.10刊

+内容+
第1章 はじまりはじまり
第2章 襲名は大変なのです
第3章 少年時代のおもいで
第4章 踊りましょう
第5章 仕事も家族も友達も趣味も
第6章 今日はこれぎり

男はいつも粋でなくっちゃいなせでなくっちゃ。歌舞伎に踊りに、家庭に趣味。そして悪友たちとのはなし…。
坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう)
1956年、東京生まれ。歌舞伎役者、屋号は大和屋、舞踏坂東流家元。九代目、坂東三津五郎の長男として生まれ、一歳の時『傀儡師』に出演し、六歳の時『黎明鞍馬山』の牛若丸で坂東八十助を名乗り初舞台を踏む。2001年1月には、十代目坂東三津五郎を襲名。歌舞伎、舞踏のほかに、今日まで数多くの舞台、映画、テレビなど、幅広いフィールドで活躍。

+関連・リンク+
ぴあ
坂東三津五郎公式ホームページ

芸能スキャンダルで、自分の中ではイメージあまり良くなくなった人だけれど、
舞台を目の当たりにすると、底知れないすごさを感じる役者です。
八十助の頃は単なる優男にしか見えなかったんですが…(汗)
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/13

『日本の香り』

日本の香り
松栄堂監修 / コロナ・ブックス編集部編
平凡社 1,800円(税別) ISBN4-582-63417-6 05.9刊

+内容+
第1章 香りの歳時記
第2章 香りの文化史
第3章 香料のふるさとと香り
第4章 香りをまとう
第5章 香りに遊ぶ
第6章 香道への誘い

淡路島に漂着した香木から、王朝文化をへて洗練され、祭りや行事などを通して、人びとの暮らしを豊かにしてきた香りの歴史1400年のエッセンス。

+関連・リンク+
平凡社

よく鼻炎になるので、香りを楽しむのは結構キビシイ感じです…
でも、香道には興味があります。
西洋の動物性の香水みたいな生々しいものより
(もちろん植物性のものもあるけれど)
日本のしっとりとした感じの香が良いかも。
線香臭いのはちょっと困りますが。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

『99人のデザイナーとつくる未来の本』

ラトルズ 2,000円(税別) ISBN4-89977-118-5 05.10刊

+内容+
マスミツケンタロウ「身の回りをつくる」
トネリコ「invisible design」
大塚聡「ケンチク∩ブタイ∩エイガ∩」
エマニュエルムホー「東京フィクション」
福井哲平「デザイン日和」
山崎宏「デザインのうしろ」
磯野梨影「ウレシイをつくる」
鈴木敏彦「モバイルアーキテクチャー」
廣田尚子「身につけるプロダクト」
佐々木博一「and design」〈他〉

住宅、インテリア、家具、食器、照明、文具など生活の中のデザインをてがける99人のデザイナー。彼らの発想の原点はどこにあるのか?どんなスタンスで仕事に取り組んでいるのか?そして、どんな未来を示してくれるのか。

+関連・リンク+
ラトルズ

凄い人数のデザイナーが登場。
「99人」って…自分ならあと1人プラスして100人にしたいような気も。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

『書きたい、書けない、「書く」の壁』

ゆまに書房 1,400円(税別) ISBN4-8433-1886-8 05.9

+内容+
日本語があぶない(丸谷才一)
先生の国語は大丈夫?
   小6不用漢字で作文を書くと(嵐山光三郎)
   数学者の国語教育絶対論(藤原正彦)
   IT時代の「活字能力」(板坂元)
   対談・教師の日本語力を問い直す(水谷修・西尾珪子)
がんばれ日本語
   外国語になった日本語(熊倉功夫)
   漢字をつかわない日本語へ(野村雅昭)
   国際化する漢字(松岡榮志)
   漢字と仮名は縦書き文字(石川九楊)
   対談・漢字の魅力が、日本語の魅力。(辰濃和男・道浦母都子)
ちょっと専門的でためになる漢字のはなし
   コンピューター化で漢字はどうなる?(高田時雄)
   隠語としての漢字(木村岳雄)
   対談・日本語になった漢字(白川静・道浦母都子)
   読み書き並行論(井上ひさし)
おとーさん、知らないの?
   トークショー・変体少女文字から携帯ギャル文字へ
             (松永真理・藤井青銅・高橋源一郎・稲増龍夫)
   「矛盾」と書けない大学生(内田樹)
   日本人がよく間違える日本語の使い方(兼子盾夫)
   「当て字」の話(川嶋秀之)
   日本語を“数える”(清水康行)
キーボードだよ人生は
   ペンからキーボードへ(阿辻哲次)
   対談・文章を楽しむ書き方、読み方(轡田隆史・樋口裕一)
   対談・字引は楽しい!(山田俊雄・俵万智)
   コトバについての三つの質問(奈良美智)

子どもや部下をこんな字も知らないのか!と叱るまえに読む本。日本語のエキスパート・丸谷才一ほか30人の提言。

+関連・リンク+
ゆまに書房

バラエティに富んでいて、豪華なメンバー。
最近、「書く」という行為をおろそかにしていたなあと実感すること多し。
ちょっと原点に立ち戻ってみようという気になっています。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

『ぼくらはみんなハゲている マイ・ライフ・アズ・ア・ハゲ』

太田出版 1,480円(税別) ISBN4-87233-984-3 05.10刊

+内容+
第1章 「ハゲゆく人々」との出会い
       ハゲという病
       ハゲはどこまで治るのか?
       スキンヘッドの示す意味
       僕らがハゲに悩む理由〈他〉
第2章 誰がハゲを惑わせる?
       「危険ですよ」
       無料ヘアチェック体験記―アデランス
                       アートネイチャー
       有料ヘアチェック体験記―リーブ21
       「ヘアチェック」を無料でチェックする〈他〉

神はなぜハゲを創り給うたか?モテるハゲ、モテないハゲからカツラメーカーの実態まで、現代日本最大のタブー(かもしれない)「ハゲ問題」を、自らもハゲゆく著者が追う、新世代ルポルタージュ。フジテレビ系『NONFIX』話題作、待望の書籍化。
藤田慎一(ふじた・しんいち)
テレビディレクター。1997年、番組制作会社テレビマンユニオン入社。ドキュメンタリー、情報番組、バラエティ番組などの企画・演出を手がけ、現在に至る。2004年、フジテレビ系列『NONFIX』にて放送されたドキュメンタリー「ぼくはらみんなハゲている」を演出。テレビにとどまらない取材者、表現者としての活動を模索中。

+関連・リンク+
太田出版

父も祖父も立派な白髪で、ハゲの「ハ」の字も無く、
自分もすっかり安心していたけれど、
最近の研究結果で「ハゲの遺伝は母方から」というのを知り
かなり微妙な感じに…
もともと額は広いのですが、
ここ数年の不規則な生活(特に睡眠不足!)で、
マズイ状況が訪れている様子…(汗)
同年代の友人では、すでに結構イッちゃってる人もいたりして。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/09

『珍祭・奇祭きてれつガイド 日本トンデモ祭』

日本トンデモ祭
杉岡 幸徳著
美術出版社 1,500円(税別) ISBN4-568-43061-5 05.10刊

+内容+
性の祭
   新潟県 つぶろさし―ひょっとこが巨大な男根で踊りまくる!
   新潟県 しねり弁天たたき地蔵―男と女がつねり放題、たたき放題〈他〉
笑の祭
   千葉県 ひげなで祭り―なぜか髭をなでながら酒を飲む
   静岡県 島田大祭(帯まつり)―おっさんたちのフレンチ・カンカン〈他〉
暴の祭
   茨城県 悪態祭り―悪態ついて略奪せよ!
   埼玉県 鉄砲祭り(八幡神社祭り)―田んぼの中にゴルゴ13はいるか?〈他〉
変の祭
   北海道 オロチョンの火祭り―炎のまわりで「少数民族」が踊りまくる
   青森県 キリスト祭り―「キリストの墓」のまわりで盆踊り〈他〉
獣の祭
   山形県 化け物祭り(鶴岡天神祭)―化け物カーニバルは意味不明
   茨城県 ガマ祭り―ガマの油売りが筑波山に大集結!
   群馬県 猿追い祭り―意味不明に猿を追い回す
   静岡県 鵺ばらい祭り―ステキな鵺の鵺ダンス

世界唯一の奇祭評論家が綴る、珍祭・奇祭ウルトラガイド。
杉岡幸徳(すぎおか・こうとく)
世界で唯一の奇祭評論家、作家。兵庫県生まれ。とくに、日本の奇妙な祭りに魅かれ、取材成果を雑誌・書籍などに発表。テレビやラジオでもレポーター、コメンテーターをつとめる。

+関連・リンク+
美術出版社

自分のすんでいる地域の近くにもヘンな祭りがあるようです。
エッチな形をした神輿が街を練り歩いたりして。
海外からの観光客が多いとか。
面白そうなので一度見に行ってみたいと思いつつ、
まだ行ってないんですよねぇ。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/08

『原寸図鑑 葉っぱでおぼえる樹木』

柏書房 3,400円(税別) ISBN4-7601-2780-1 05.9刊

+内容+
イチョウ科
マツ科
スギ科
コウヤマキ科
ヒノキ科
マキ科
イチイ科
ヤマモモ科
クルミ科
ヤナギ科〈他〉

葉の精密な原寸写真(表・裏)を掲載。実際の葉の大きさとの比較も可能となる臨場感あふれるダイナミックな紙面。図鑑としては必要にして十分な樹木300種を網羅。日本に広く分布し身近に見る機会の多い樹木のほとんどが見分けられる。葉の写真から検索可能となるビジュアル・インデックスを採用。葉のつき方や樹木の生活型を示す分類アイコンで検索同定を補強。おぼえておきたい見分け方のポイントをわかりやすく解説。同定をさらに確実にする樹皮や樹形、枝先、花や実などの写真も豊富に収録。
濱野周泰(はまの・ちかやす)
1999年から東京農業大学地域環境科学部造園科学科助教授。専門は造園植物学および造園樹木学。樹木医学会理事、社叢学会理事などをつとめる。

+関連・リンク+
柏書房

眺めているだけで、かなり楽しい図鑑です。
落ち葉の季節、葉っぱにも注意が向いて、
まだ木々に残る葉を調べてみるのも面白いかもしれません。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

『デザイナーズ・チェア・コレクションズ 320の椅子デザイン』

鹿島出版会 2,600円(税別) ISBN4-306-04457-2 05.9刊

+内容+
デザイン・ムーブメント
インターナショナル・モダン
スカンジナビアン・モダン
アメリカン・モダン
イタリアン・モダン
ジャパニーズ・モダン
ポスト・モダン
ファンクショナル・アート
コラボレーション
ジャパニーズ・ニューウェーブ

椅子をデザインしたい人、学びたい人、つくりたい人、すべての椅子愛好家に贈る!142人のデザイナーによる320脚の椅子デザイン。
大廣保行(おおひろ・やすゆき)
1995年五島育英会・東横学園女子短期大学ライフデザイン学科教授、現在に至る。インテリア学会評議委員、他も勤める。

+関連・リンク+
鹿島出版会

イームズがブーム(?)になったあたりから
椅子が好きだという人が急激に増えたような気が。
自分も気にはなるけれど、椅子なんてそんなに購入できないし…。
先日、話に聞く目黒通りを歩いてみたら
椅子だけではなく、オモシロそうな店を色々見つけました。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

『新御馳走帖』

新御馳走帖
嵐山 光三郎著 / 坂本 真典写真
河出書房新社 1,900円(税別) ISBN4-309-28029-3 05.9刊

+内容+
1の巻 淑女をお連れして
       オテル・ドゥ・ミクニ
       サドレル〈他〉
2の巻 お嬢様と一緒に
       Wakiya 一笑美茶樓
       Yサイゴン〈他〉
3の巻 友達と楽しく
       やま中
       稲ぎく〈他〉
4の巻 大切な人と行きましょう
       懐食みちば
       てんぷら近藤〈他〉
対談 おいしさ、ふたりじめ
       嵐山光三郎
       平松洋子

嵐山光三郎が厳選した至福の料理店!!淑女ともよし、接待にも最適!!嵐山光三郎「御馳走道」の極意を伝授。
嵐山光三郎(あらしやま・こうざぶろう)
作家。平凡社にて雑誌「太陽」編集長を経て独立。執筆活動に入る。1988年『素人庖丁記』により第4回講談社エッセイ賞受賞。2000年『芭蕉の誘惑』により第9回JTB紀行文学大賞受賞。
坂本真典(さかもと・まさふみ)
写真家。1963年(株)平凡社写真課に入社、雑誌「太陽」「別冊太陽」等を手がける。1999年同社を退社、フリーランスのカメラマンとなる。

+関連・リンク+
河出書房新社

最近になって、嵐山光三郎氏が
その昔、現在『VOGUE NIPPON』『GQ Japan』の編集長を務めている
斎藤和弘氏の上司だったということを知って軽いショックを受けました。
斎藤さんの上司が嵐山さんというのが、全然イメージ湧かない…
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

『近代中国 七人の猛女たち―西太后から江青まで』

里文出版 1,300円(税別) ISBN4-89806-238-5 05.10刊

+内容+
西太后
秋瑾
何香凝
宋慶齢
謝冰心
〓(とう)潁超
江青

田所竹彦(たどころ・たけひこ)
朝日新聞北京支局長、論説委員、論説副主幹、テレビ朝日ニュースステーション・コメンテーター、海外移住審議会委員、宇都宮大学教授などを経て、学校法人桐朋学園理事、北京外国語大学客員教授、日本記者クラブ会員、日本エッセイスト・クラブ会員、日曜クラブ世話人、中国国際友人研究会名誉理事などをつとめる。


+関連・リンク+
里文出版

“猛女”という括りがユニーク。
西太后、江青はそのものズバリだけれど
周恩来夫人の〓(とう)潁超も“猛女”だったんですか~?
読みたい度75%

・〓字は「登」に「おおざと」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

『比較文学の世界』

比較文学の世界
秋山 正幸編著 / 榎本 義子編著
南雲堂 2,500円(税別) ISBN4-523-29298-1 05.8刊

+内容+
比較文学とは何か
オスカー・ワイルドと三島由紀夫
   ―「わがままな大男」と「酸模 秋彦の幼き思い出」における“花”の象徴するもの
夏目漱石とエドガー・アラン・ポー
               ―「分身」の視点から「夢十夜」の「第一夜」「第三夜」を読む
ラフカディオ・ハーンの見た食屍鬼―西洋から日本へ
アンジェラ・カーターの「紫の上の情事」―東西文化の交錯する世界
ペリーの『日本遠征記』とホーソーンの東洋憧憬
                          ―「骨董通の収集品」に秘められた東洋
マダム・バタフライ表象における性の政治学
文化と文体の翻訳をめぐって―「第三の文学」としての翻訳文学
横光利一とヘンリー・ジェイムズ
          ―『旅愁』と『使者たち』の主人公にみるナショナル・アイデンティティ
エグザイルの文学―ジャージー・コジンスキーとキョウコ・モリの作品をめぐって

学問研究の国際化・学際化が急激に進行するいま、比較文学はどうあるべきか?新しい視点から比較文学の地平を展望する。
秋山正幸(あきやま・まさゆき)
日本大学名誉教授
榎本義子(えのもと・よしこ)
フェリス女学院大学教授

+関連・リンク+
南雲堂

比較文学専門書でお堅い本ですが、目次がオモシロそう。
ワイルドと三島は何となく共通点が分かるけれど、
漱石とポーは結構意外な感じ。でも、『夢十夜』なら納得かな。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

『セサミストリートの人気者 ビッグバードが教えてくれた大切なこと』

ビッグバードが教えてくれた大切なこと
キャロル・スピニー著 / J.ミリガン著 / 舩渡 佳子訳
PHP研究所 1,450円(税別) ISBN4-569-64379-5 05.9刊

+内容+
心の声に耳をかたむける―どうしたらセサミストリートにたどりつけるの?
わからないことは、聞き返す―ジム・ヘンソンがくれた人生最大のチャンス
自分の翼で飛んでみよう―『セサミストリート』放送開始!
ありのままの自分でいい―ビッグバードになる方法
いつでも、より良いものを求める―ビッグバードのパペットは、こんなふうに進化した
自分に素直になる―ビッグバードの感情をうまく表現するには?
ヒントは身近なところにひそんでいる―オスカーになりきるための工夫
本当の優しさは、見かけではわからない
                   ―『セサミストリート』一のへんくつや、オスカーの魅力
こだわりを捨てる―変化し続ける『セサミストリート』
迷ったら、立ち止まって考えよう―アメリカで一番の人気者になったビッグバード〈他〉

原題『THE WISDOM OF BIG BIRD(And the Dark Genius of Oscar the Grouch)Lessons from a Life in Feathers』Caroll Spinney, J.Milligan
失敗も笑いに変えれば、明日は高く飛べるはず!ビッグバードを演じた役者が初めて明かす、世界的人気番組の舞台裏と感動秘話。
キャロル・スピニー
1969年『セサミストリート』が開始されて以来、ビッグバードとオスカーを演じている。それ以前は、ボストンで『ボーゾーショー』に十年出演し、さまざまなキャラクターを演じてきた。アート関係やアニメーションの仕事の経歴もあり、空軍に服役している。ビッグバードとして世界各国を訪問し、グラミー賞、エミー賞を受賞し、米国議会図書館よりリヴィング・レジェンドのひとりに選ばれている。妻のデブラとニューイングランド在住。
J.ミリガン
ディレクター、ヘッドライターとして、セサミ・ワークショップ・インターアクティヴで5年間、創造的仕事をする。『セサミストリート』のキャラクターに関する著述やゲーム制作、『ニューヨーカー』や『XXL』、オンラインマガジンの『word.com.』の出版業務に携わっている。各種メディアにおけるセサミ・ワークショップのプロジェクトの相談役でもある。

+関連・リンク+
PHP研究所
セサミストリート・オフィシャルホームページ

『セサミストリート』、小さい頃に観てました。
キャラで好きなのは、クッキーモンスターとか、カウント伯爵とか。
デカキャラでは、ビッグバードよりゾウ(名前知らない)の方が良かったかな。
関係無いけれど…アーニーとバートを見ると、
「やすきよ」を思い浮かべるのは自分だけ?
読みたい度50%

**おかげさまで、このブログも1周年を迎えることができました!
始めた当初は、本当に続けられるのか不安な部分もありましたが、
何とかやってきて、気付いたら1年経っていたという感じです。
今後も細く長く続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
まずは目標1,000冊です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »