« 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 | トップページ | 『虚人 寺山修司伝』 »

2005/10/30

『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』

学芸出版社 2,000円(税別) ISBN4-7615-2373-5 05.10刊

+内容+
1 日本の庭園文化史
     日本庭園の黎明―飛鳥時代以前(~五五二)
     石造物と水の演出―飛鳥時代(五五二~七一〇)
     曲池と洲浜―奈良時代(七一〇~七九四)
     湧水ゆたかな都の庭―平安時代初期(七九四~九六〇)〈他〉
2 日本庭園の様式と意匠
     日本庭園の様式
     日本庭園の意匠

今日、日本的なものが失われていきつつあるといわれるなかで、最も日本的なものと思われるひとつが、日本庭園ではないだろうか。その歴史や意匠を学び、日本庭園の心を理解していくことは、日本の庭園文化をより広く深く知ることになり、ひいては日本文化を再認識することにも繋がるであろう。

+関連・リンク+
学芸出版社

禅寺の庭が好きです。
新しいところでは重森三玲など、良いですね~。
それはともかくとして、庭園の歴史について知ろうと思っても
なかなかこれだという資料が見つからなかったりして。
古いところからだんだんと見ていくと体系だった理解も可能だと思われます。
読みたい度65%

|

« 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 | トップページ | 『虚人 寺山修司伝』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6764289

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の庭園文化 歴史と意匠をたずねて』:

» 伝統とモダンをつなぐハイブリッド美術館 [幻想画家ユージン小山右人のテンペラ物語]
 京都の大山崎山荘美術館を訪ねる機会がありました。  睡蓮が咲く池に臨む旧館と、 [続きを読む]

受信: 2005/11/03 18:36

« 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 | トップページ | 『虚人 寺山修司伝』 »