« 『近代中国 七人の猛女たち―西太后から江青まで』 | トップページ | 『デザイナーズ・チェア・コレクションズ 320の椅子デザイン』 »

2005/10/06

『新御馳走帖』

新御馳走帖
嵐山 光三郎著 / 坂本 真典写真
河出書房新社 1,900円(税別) ISBN4-309-28029-3 05.9刊

+内容+
1の巻 淑女をお連れして
       オテル・ドゥ・ミクニ
       サドレル〈他〉
2の巻 お嬢様と一緒に
       Wakiya 一笑美茶樓
       Yサイゴン〈他〉
3の巻 友達と楽しく
       やま中
       稲ぎく〈他〉
4の巻 大切な人と行きましょう
       懐食みちば
       てんぷら近藤〈他〉
対談 おいしさ、ふたりじめ
       嵐山光三郎
       平松洋子

嵐山光三郎が厳選した至福の料理店!!淑女ともよし、接待にも最適!!嵐山光三郎「御馳走道」の極意を伝授。
嵐山光三郎(あらしやま・こうざぶろう)
作家。平凡社にて雑誌「太陽」編集長を経て独立。執筆活動に入る。1988年『素人庖丁記』により第4回講談社エッセイ賞受賞。2000年『芭蕉の誘惑』により第9回JTB紀行文学大賞受賞。
坂本真典(さかもと・まさふみ)
写真家。1963年(株)平凡社写真課に入社、雑誌「太陽」「別冊太陽」等を手がける。1999年同社を退社、フリーランスのカメラマンとなる。

+関連・リンク+
河出書房新社

最近になって、嵐山光三郎氏が
その昔、現在『VOGUE NIPPON』『GQ Japan』の編集長を務めている
斎藤和弘氏の上司だったということを知って軽いショックを受けました。
斎藤さんの上司が嵐山さんというのが、全然イメージ湧かない…
読みたい度55%

|

« 『近代中国 七人の猛女たち―西太后から江青まで』 | トップページ | 『デザイナーズ・チェア・コレクションズ 320の椅子デザイン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6283364

この記事へのトラックバック一覧です: 『新御馳走帖』:

« 『近代中国 七人の猛女たち―西太后から江青まで』 | トップページ | 『デザイナーズ・チェア・コレクションズ 320の椅子デザイン』 »