« 『東京で味わう美味しい郷土料理87軒』 | トップページ | 『比較文学の世界』 »

2005/10/01

『セサミストリートの人気者 ビッグバードが教えてくれた大切なこと』

ビッグバードが教えてくれた大切なこと
キャロル・スピニー著 / J.ミリガン著 / 舩渡 佳子訳
PHP研究所 1,450円(税別) ISBN4-569-64379-5 05.9刊

+内容+
心の声に耳をかたむける―どうしたらセサミストリートにたどりつけるの?
わからないことは、聞き返す―ジム・ヘンソンがくれた人生最大のチャンス
自分の翼で飛んでみよう―『セサミストリート』放送開始!
ありのままの自分でいい―ビッグバードになる方法
いつでも、より良いものを求める―ビッグバードのパペットは、こんなふうに進化した
自分に素直になる―ビッグバードの感情をうまく表現するには?
ヒントは身近なところにひそんでいる―オスカーになりきるための工夫
本当の優しさは、見かけではわからない
                   ―『セサミストリート』一のへんくつや、オスカーの魅力
こだわりを捨てる―変化し続ける『セサミストリート』
迷ったら、立ち止まって考えよう―アメリカで一番の人気者になったビッグバード〈他〉

原題『THE WISDOM OF BIG BIRD(And the Dark Genius of Oscar the Grouch)Lessons from a Life in Feathers』Caroll Spinney, J.Milligan
失敗も笑いに変えれば、明日は高く飛べるはず!ビッグバードを演じた役者が初めて明かす、世界的人気番組の舞台裏と感動秘話。
キャロル・スピニー
1969年『セサミストリート』が開始されて以来、ビッグバードとオスカーを演じている。それ以前は、ボストンで『ボーゾーショー』に十年出演し、さまざまなキャラクターを演じてきた。アート関係やアニメーションの仕事の経歴もあり、空軍に服役している。ビッグバードとして世界各国を訪問し、グラミー賞、エミー賞を受賞し、米国議会図書館よりリヴィング・レジェンドのひとりに選ばれている。妻のデブラとニューイングランド在住。
J.ミリガン
ディレクター、ヘッドライターとして、セサミ・ワークショップ・インターアクティヴで5年間、創造的仕事をする。『セサミストリート』のキャラクターに関する著述やゲーム制作、『ニューヨーカー』や『XXL』、オンラインマガジンの『word.com.』の出版業務に携わっている。各種メディアにおけるセサミ・ワークショップのプロジェクトの相談役でもある。

+関連・リンク+
PHP研究所
セサミストリート・オフィシャルホームページ

『セサミストリート』、小さい頃に観てました。
キャラで好きなのは、クッキーモンスターとか、カウント伯爵とか。
デカキャラでは、ビッグバードよりゾウ(名前知らない)の方が良かったかな。
関係無いけれど…アーニーとバートを見ると、
「やすきよ」を思い浮かべるのは自分だけ?
読みたい度50%

**おかげさまで、このブログも1周年を迎えることができました!
始めた当初は、本当に続けられるのか不安な部分もありましたが、
何とかやってきて、気付いたら1年経っていたという感じです。
今後も細く長く続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
まずは目標1,000冊です…

|

« 『東京で味わう美味しい郷土料理87軒』 | トップページ | 『比較文学の世界』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6194384

この記事へのトラックバック一覧です: 『セサミストリートの人気者 ビッグバードが教えてくれた大切なこと』:

« 『東京で味わう美味しい郷土料理87軒』 | トップページ | 『比較文学の世界』 »