« 『明治大正 翻訳ワンダーランド』 | トップページ | 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 »

2005/10/26

『恥ずかしい和製英語』

恥ずかしい和製英語
スティーブン・ウォルシュ著
草思社 1,300円(税別) ISBN4-7942-1425-1 05.10刊

+内容+
1章 妄想を呼ぶ誤解
      ボディチェック
      ダンプカー〈他〉
2章 微妙な違い
      カレーライス
      フリーマーケット〈他〉
3章 奇妙な語感
      オールバック
      ファイト/ゲット/カンニング〈他〉
4章 よくある間違い
      マンション
      スマート/ボディコン〈他〉
5章 恥ずかしい誤解
      アメリカン
      コック〈他〉

スキンシップは「皮の船」、ボディチェックは「体当たり」、ガッツポーズは「腹わたハミ出しポーズ」??英国人が「和製英語(英語風日本語)」を初めて聞いたとき思い描く恥ずかしくも怪しいイメージの数々。誤解や聞き間違いの混乱を通して、正しい英語感覚を教える、「ぼくの愉快な和製英語コレクション」。

+関連・リンク+
草思社

和製英語、誰がこんなの考え出すんだろう…?
無意識に使っているけれど、それがコワイ!
そういうのを笑っていて、ふと気付くと実は自分のことを笑っているような…
読みたい度70%

|

« 『明治大正 翻訳ワンダーランド』 | トップページ | 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/6646638

この記事へのトラックバック一覧です: 『恥ずかしい和製英語』:

« 『明治大正 翻訳ワンダーランド』 | トップページ | 『横尾忠則が招待するイッセイミヤケパリコレクション 1977→1999』 »