« 『纏足の靴 小さな足の文化史』 | トップページ | 『あったかもしれない日本 幻の都市建築史』 »

2005/11/14

『書いて覚える百人一首練習帳 ボールペンで美しく』

書いて覚える百人一首練習帳
岡田 崇花文字手本 / 広済堂出版編集部編
廣済堂出版 1,200円(税別) ISBN4-331-51127-8 05.11刊

+内容+
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ
春過ぎて 夏来にけらし 白妙の
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
田子の浦に うち出でて見れば 白妙の
奥山に もみぢ踏み分け 鳴く鹿の
かささぎの 渡せる橋に 置く霜の
天の原 ふりさけ見れば 春日なる
わが庵は 都のたつみ しかぞ住む
花の色は 移りにけりな いたづらに
これやこの 行くも帰るも 別れては〈他〉

+関連・リンク+
廣済堂出版

百人一首とボールペン字練習とを組み合わせたのはユニークだけど、
ちょっと微妙な感じも…
百人一首に興味のある人には一石二鳥だけれど、
ボールペン字練習をしたい人にはもっと実用的な内容の方が良いかな?
読みたい度55%

|

« 『纏足の靴 小さな足の文化史』 | トップページ | 『あったかもしれない日本 幻の都市建築史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7114730

この記事へのトラックバック一覧です: 『書いて覚える百人一首練習帳 ボールペンで美しく』:

« 『纏足の靴 小さな足の文化史』 | トップページ | 『あったかもしれない日本 幻の都市建築史』 »