« 『世界のマイスターをめざして ハプスブルク家宮廷料理を受け継いだ日本人』 | トップページ | 『階段 カイダンっておもしろい!』 »

2005/11/17

『夢みる少年―イサム・ノグチ』

共同文化社 2,500円(税別) ISBN4-87739-116-9 05.9刊

+内容+
1章 「東」と「西」
2章 「父の国」
3章 アートの森
4章 二つの愛
5章 ヒロシマの造形
6章 モダンダンスと舞台美術
7章 ユートピアとしての「庭」
8章 宇宙の「庭」
9章 「あかり」の彫刻
10章 魂の形―牟礼
11章 夢の園―モエレ沼公園

大地を愛し、地球を彫刻する―。壮大な夢を描いた彫刻家イサム・ノグチを訪ねる旅。
柴橋伴夫(しばはし・ともお)
詩人・美術評論家。現在、荒井記念美術館理事、北海道立文学館評議員、北海道美術ペンクラブ同人、詩誌『NU』主宰。

+関連・リンク+
共同文化社

イサム・ノグチのあかりシリーズが好きです。
北大路魯山人との交流や、山口淑子との結婚などにも興味を持っていたり。
東京都現代美術館で開催されているイサム・ノグチ展、
もうすぐ終了なので、早く行かないと!
あと、機会があれば北海道のモエレ沼公園にも…
読みたい度65%

|

« 『世界のマイスターをめざして ハプスブルク家宮廷料理を受け継いだ日本人』 | トップページ | 『階段 カイダンっておもしろい!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7170467

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢みる少年―イサム・ノグチ』:

« 『世界のマイスターをめざして ハプスブルク家宮廷料理を受け継いだ日本人』 | トップページ | 『階段 カイダンっておもしろい!』 »